「下町育ちの再建王」の経営指南 70歳代に満足できる人生をおくるため

私は師、舩井幸雄から多くのことを教えられました。その中に、「70歳代がいい人生になるように生きなさい」という言葉があります。それと同じことを、若いころ、兄のように慕っていた方から諭されたことがありました。

その方は、43年前、私が実家のディスカウントストアを継ぐにあたり、一番初めに紹介された宝石問屋の、伊藤文夫さんです。

伊藤さんは私よりも12歳年上でしたが、「スーパーB級グルメ」という会を、気の合うオーナーたちと開催していて、若い私をメンバーに加えてくれました。店の造作は気にせず最高品質の旨いものを食べるという趣旨の会です。仕事柄、何を見ても原価を読む癖がある私には、「スーパーB級グルメ」という発想が合っていました。

ボトルを入れると二人で10万~15万円する銀座の名だたるクラブも、関係者待遇で利用させてもらい、ゴルフにもいっぱい連れて行ってもらいました。

30歳を過ぎたころ、伊藤さんが、「数年で売上が10倍以上。経常利益もすごく上がっているらしいね。小山君はよく頑張っているし、優秀だ。自信満々だろう。でも勘違いをしちゃだめだよ。30歳代40歳代がいくら良くても、70歳代がみすぼらしかったら、人生を振り返ったとき、良い人生とは思えない。今は一生懸命修業することが大事。食事もゴルフも、銀座のクラブも、最高の物に触れることは、良い人生勉強。でもそれは70歳のときの君の人生をピカピカにするための作業で、楽しむための贅沢ではないんだよ」。

なぜ伊藤さんがそんな話をしたのかわかりません。私のどこかに慢心を感じたのかもしれません。

その後、事情があり私は家業を辞め、船井総研に入り、しばらくして恩師から冒頭の言葉をいただきます。伊藤さんと同じ内容であったことに驚き、片時も忘れることなく自らを戒め、休みも取らず仕事に打ち込んだ結果、退職時には、船井総研に一定の業績を残すことができました。

若い方にお伝えしたいのは、もし今、うまくいっていても、大成功していても、50歳から70歳までを見つめたうえで、石橋を叩いて生きていただきたい。また、今の人生が辛くても成功がおぼつかなくても、能力や筋肉をしっかりつけて経験を積むことで、70歳になったときに自分が納得できる人生になるんだ、と信じて努力を続けていただきたい、ということです。

私がゆとりをもって、このようなことをお伝えできるのは、二人の大切な恩人の教えのおかげにほかならない、今つくづくそう感じています。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 あなたは今の立ち位置に満足していますか?

小山政彦

人はなりたい自分になれます。今のあなたはなりたかった自分になれていますか。 先日、ホスピタルクラウンの大棟耕介さんと7年8カ月ぶりに対談を...

前の記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 尊敬される上司の4条件

小山政彦

今から27年ほど前に、私の師である舩井幸雄氏は、『尊敬される上司の条件』として、「業界についての見識がある」「健康でタフである」「情熱があ...

関連記事

「下町育ちの再建王」の経営指南 試練や挫折こそ教養の糧 無料会員限定

小山政彦

東日本大震災に見舞われた2011年、その年に私が書いた『幸せに生きるための法則』という本があります。震災後の7月に出版した本です。あの災いを...

「下町育ちの再建王」の経営指南 失敗を恐れずチャレンジを繰り返す

小山政彦

「コロナ前に戻るのはいつ頃でしょうか?」こういう質問を受けることがあります。希望的観測としては、今年半ばか後半にはコロナはインフルエンザ...

「下町育ちの再建王」の経営指南 自分との約束を守ることが人脈につながる

小山政彦

若い頃、舩井幸雄さんから、「人脈を広げるには安心できる人間性プラス、何かで一番になること」と教えられました。何かで一番になるというのは、...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする