日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 「府内戦紙」切手発売 第35回記念 PRの一助に

1シート切手10枚で1500円(税込み)

大分商工会議所青年部(大分YEG)に事務局を置く実行委員会は、「大分七夕まつり」の「府内戦紙(ぱっちん)」が今年35回を数えることを記念して切手シートを発売した。

いまや九州一円からの観客動員数が25万人を超えるといわれている同イベント。今年も8月2日の開催を控え着々と準備が進められている。府内戦紙は、1985(昭和60)年、同YEGによってつくられた1基の山車で市民みこしに参加したことから始まった。青森のねぶた祭りに想を得た府内戦紙の山車は、「ぱっちん(めんこ)」の絵柄のようだと表現されて、「府内(大分市)戦紙(ぱっちん)」と名付けられた。今年は参加企業18団体に加え一般踊り隊が8団体あり総勢約6000人の参加者が府内戦紙を盛り上げる。

改元の年ということで記念グッズ制作を熱望する声が高まり、オリジナル切手シートがつくられた。デザインに採用したのは、過去5年間で一等賞に輝いた山車の写真や、うちわに使用したイラストなどで1000シートを製作。「できるだけたくさんの人に使ってもらい、府内戦紙をさらに広めたい」と同所担当者も意気込む。申し込みは、同YEGのホームページかファクスにて受け付け中。

詳細はhttp://oita-yeg.gr.jp/patchin/post.htmlを参照

次の記事

和歌山県 田辺商工会議所

田辺商工会議所(和歌山県)は6月25日、さまざまな業種の人たちが共有できるコワーキングスペース「ワークスペース駅前」を開設した。今年9月まで3カ月間限定の実験事業で、同所…

前の記事

神奈川県 海老名商工会議所

海老名商工会議所(神奈川県)銘酒開発委員会が企画したイチゴのスパークリングワイン「えびな苺ふわりん」(500ミリリットル)が6月15日、海老名市内で発売された。このワインは、…

関連記事

香川県 高松商工会議所

高松商工会議所(香川県)は、経営者の高齢化、後継者不在などに伴う中小企業の廃業危機に対応するため、従来の「事業引継ぎ支援センター」と「ネットワーク事務局」を統合した…

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…