日商 Assist Biz

更新

情熱ぴーぷる 第15回女性起業家大賞・スタートアップ部門特別賞

手づくり主婦を組織化。女性の活躍の場つくる

株式会社ディーラリエ 代表取締役 岩見 尚見

株式会社ディーラリエ 代表取締役 岩見 尚見

主婦の「休眠労働力」に着目 「ドリマム」で社会参加へ

子育て中の女性が社会で活躍できる仕組みをつくりたい――。その思いが起業のきっかけでした。私自身、大企業、中小企業で働きながら子育てをし、仕事との両立に限界を感じた経験があります。第3子の出産を機に家庭に入りましたが、そのとき周りにいる「主婦」たちが知識も能力も高く、家庭を大切にしながらも社会参加意欲が高いことを知りました。特に子どものバッグなどを手づくりする主婦たちの中にはSNSで多くのファンを持っている人もいます。彼女らのハンドメイド商品のクオリティーは社会のニーズに十分応えられるものであり、こうした労働力を家庭で眠らせておくのはもったいない、活用する仕組みがないことが問題だと気付きました。

そこで、女性の「家族の笑顔と自分らしくあることのどちらも諦めない社会生活」を実現するため、「Smile For Family」を理念に掲げ起業。会社生活で培ったプロデュースと営業のノウハウを生かし、主婦たちの「休眠労働力」を商品化して社会に役立てる仕組みづくりに挑戦しました。まずは主婦のハンドメイドクリエイターをユニット化し、ハンドメイド集団「ドリマム(ドリームマムの略)」と銘打ってブランディングすることから着手。「ドリマム」への登録にはオーディション制を導入して注目を集めました。毎月、技術研究会「ドリマムラボ」を開催することで商品クオリティーの維持・確保にも努めています。また、クリエイター一人一人の訴求力を高めるようSNSや口コミを利用し、効果を上げてきました。

ママのアイデアから商品誕生

物があふれている昨今、一つの商品を販売すること、PRすること、店舗への集客は至難の技です。そこで、一人一人がSNSや口コミでパワーを付けた売れっ子クリエイターである「ドリマム」は、企業のマーケティングやプロモーションのリソースとなります。また、各地で開かれるハンドメイドイベントは、彼女たちに共感する主婦たちの心を捉え、爆発的な集客と売り上げを構築します。さらに、彼女たちの消費生活に密着した商品アイデアは、これまで気付かなかった数々の新商品の誕生へとつながりました。

在宅ワークや派遣社員、パート就労に当てはまらない家庭の主婦や個人事業家志願者たちを弊社がプロモートし、ユニット化し、営業することで、ポテンシャルが高い彼女たちの活躍の場が広がります。今では大手デパートやショッピングセンター、大型複合施設などから商品販売、イベント開催などの依頼を多数受け、忙しい毎日となりました。

働き方やライフスタイルの多様化により、女性の社会との関わり方も多様化しています。主婦たちの限られた時間の中、社会とつながりたい、社会の役に立ちたい、稼ぎたいという熱い思いを生かせるステージをこれからも創出していくことが、私たちのミッションであると思っています。

会社データ

社名:株式会社ディーラリエ

所在地:大阪府豊中市桜の町4-2-12

電話:06-6842-9911

創業:平成24年

事業概要:広告代理業・製品製造販売業

HP:https://www.d-rallie.co.jp/

※月刊石垣2017年6月号に掲載された記事です。

次の記事

情熱ぴーぷる 第15回女性起業家大賞・スタートアップ部門特別賞

ブレストケア京都株式会社

平成18年、実母が乳がんに罹患(りかん)し乳房切除したことがきっかけで、名古屋市の人工乳房製作者(ブレスト・アーティスト)養成スクールに入校...

前の記事

情熱ぴーぷる 15回女性起業家大賞・スタートアップ部門特別賞

オーダーメイドジュエリー工房 リパッティ

平成23年の東日本大震災発生当時、私は東京で生後半年になる娘の子育て中でした。宮城県塩釜市が生まれ故郷ですが、大学生のときから独立生計で、1...

関連記事

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門奨励賞 無料会員限定

特定非営利活動法人アジェンダやまがた

2007年、私は「山形を元気にしたい」という思いで、山形市中心市街地活性化への貢献を目的とする任意団体として活動を開始しました。この時期に長...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門 奨励賞

株式会社エコルソレイユ

起業のきっかけは、私が事故によって片手の機能を失い、生きることに自信を無くしかけていたことでした。がんの闘病も重なり、自然と「人の役に立...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門奨励賞

株式会社リリフル

3年前、私は小さな個人病院の看護師としてパートで働いていました。その頃、まさか自分が会社を設立して従業員を雇う身になるとは思ってもみません...