創業選手権 大賞に宝塚の飯田さん 会議所関係者3人が決勝に

中小企業庁はこのほど、全国の「認定創業スクール」と地域のビジネスプランコンテスト「連携コンテスト」から推薦された代表157件のプランの中から、優秀なビジネスプランを表彰する「第4回全国創業スクール選手権」の受賞者を発表した。創業スクール大賞(経済産業大臣賞)は、宝塚商工会議所(兵庫県)のビジネスプランコンテストに参加した飯田英二さんの「タカラヅカのニュースタイル〈次世代型〉デザイナーズ・サカナヤ」が受賞した。飯田さんのビジネスプランは、ハイクオリティーな冷凍の刺し身やタタキ、干物などの商品を中心に営業展開を進めるとともに、これまで培ってきた建築設計のノウハウを生かして、店舗の外観から商品のパッケージまでをトータルにデザインすることを提案している。

同コンテンストのファイナリスト10人のうち、商工会議所からは飯田さんの他、三島(静岡県)の認定創業スクールを受講した福川登紀子さんと川内(鹿児島県)の認定創業スクールを受講した久留須千賀子さんの計3人が選ばれていた。

また、全国の認定創業スクールの中から、地域に根ざした創業支援の取り組みや受講者満足度において高い評価が得られた実施主体を「創業スクール10選」として選定した。商工会議所からは、三島(静岡県)、岡山(岡山県)、宮崎(宮崎県)、川内(鹿児島県)の4カ所が選ばれた。岡山と宮崎は3年連続の選出となった。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする