日商 Assist Biz

更新

リーダーの横顔 サラリーマンの経験を地域活性化に生かす 岡本 直之

津商工会議所会頭 三重交通グループホールディングス 代表取締役社長 岡本 直之 事業内容:地域の交通インフラを中核事業とする三重交通グループの純粋持株会社として、グループの基本戦略を立案・遂行

津市は、三重県中央部に位置する人口約28万の県庁所在地です。古くは安濃津(あのうつ)と呼ばれ、港町として繁栄してきました。江戸時代には、津藩初代藩主、藤堂高虎が城や街道の整備を行い、城下町として、また伊勢参宮の宿場町として発展しました。周囲は、東に伊勢湾、西に布引山地(あのびきさんち)と自然に恵まれ、豊かな食文化も魅力です。特に市内には鰻(うなぎ)屋さんがとても多く、津の名物の一つとなっています。

当社は、昭和19年に三重県下の陸上交通事業者7社が合併し、三重交通として発足したことに始まります。その後、運輸業を中心に不動産業、流通業、レジャー・サービス業と事業を拡大。平成18年に現在の体制に移行しました。グループ会社の多くは三重、愛知、岐阜の中部地区を主な事業エリアとし、地域社会とともに成長をしてきました。

私は、この津市の西隣にある三重県伊賀市で生まれ育ち、昭和45年に近畿日本鉄道に入社。その後、縁あって平成22年に当社に参りました。

振り返ると、私のサラリーマン生活にはいくつかのポイントがあったように思います。最初のポイントは会社に入って4年目の助役の経験です。全く知識も経験もなく大変苦労をしましたが、多くの方に助けて頂き、人間関係を学ぶ良い機会になりました。また、何といってもいわゆる現場を知るということから、ここでの経験は社会人としての基盤になりました。

2番目は、入社10年目に賃金を担当したときです。春闘での中央集団交渉など仕事がとても忙しく家に帰れず、机の上で寝たということも何度かありました。また、このときの労働組合の委員長からは、上司からは教えてもらえないことを学びました。

そして、3番目。それは、社長の秘書課長を7年務めたときです。謦咳(けいがい)に接するというのか、当時の社長から文章の書き方から経営者としての在り方まで、さまざまなことを学びました。

最後は、役員になって不動産開発を担当するようになったとき。さまざまなプロジェクトに関わりましたが、そのうちの一つにあべのハルカスがありました。ある方から「ハルカスだけが孤立したら絶対ダメだ」と言われました。「商店街の方々に支えてもらってハルカスがあるという意識を大切にしなければならない」と。共存共栄を心掛け、その精神は今でもずっと後輩達が守り続けてくれています。 これらの経験は、商工会議所会頭という職務に通ずるところがあります。平成18年に10の市町村が一緒になって大きく生まれ変わったこの津市でも中心市街地の活性化が課題となっています。これは周辺地域も一緒になって「地域全体で」という視点が大事で、商工会議所はその接着剤的な役割を果たすべきではないかと思っています。

次の記事

リーダーの横顔 さらなる専門性の向上を目指す 五十嵐 閣

北海道 岩見沢商工会議所

北海道・岩見沢市は、空知地域の中心となる、人口約8万7000人の田園都市です。〝空知〟地域はかつて日本産業の近代化を支えた石炭の一大産地...

前の記事

リーダーの横顔 自らが率先して行動する 稲田 精治

静岡県 三島商工会議所

伊豆半島が、この9月に世界ジオパークに正式推薦されることになりました。静岡県三島市は、その伊豆半島の玄関口に位置しています。富士山に降った...

関連記事

リーダーの横顔 これからは秋田の時代

秋田県 秋田商工会議所

秋田市の港町、土崎に生まれ、高校時代まで過ごしました。高校時代はラグビーを通してさまざまなものを得たと思っています。練習は痛くて、つらい...

リーダーの横顔 継続は力なり

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿市は名古屋市の南方約40㎞に位置し、東に伊勢湾、西に鈴鹿山脈と恵まれた自然環境の中にあり、伝統と歴史と文化に育まれた産業都市です。戦後...

リーダーの横顔 自社事業を定義する

岡山県 玉野商工会議所

岡山県の最も南に位置する玉野市。30年ほど前までは、玉野市は本州と四国(高松市)を結ぶ宇高国道フェリーの四国への玄関口として栄え、また三井...