日商 Assist Biz

更新

リーダーの横顔 さらなる専門性の向上を目指す 五十嵐 閣

岩見沢商工会議所会頭 昭和マテリアル株式会社 代表取締役社長 五十嵐 閣 事業内容:土木・建設資材の総合商社。取り扱いは、杭丸太・各種製材全般・ベニヤ類全般・各種型枠資材全般、建築住宅資材および土木資材全般・パイルネット工法関連資材、建築全般、特に一般住宅、ログハウス、木造建築など

北海道・岩見沢市は、空知地域の中心となる、人口約8万7000人の田園都市です。〝空知〟地域はかつて日本産業の近代化を支えた石炭の一大産地として栄えました。しかし、石炭産業の衰退とともに、人口もピーク時の82万から、現在は32万と、大幅に減少しています。この地域は、もしかしたら日本の人口問題の先端地域といえるのかもしれません。

私は、昭和43年に日本経営能率研究所に入所し、企業の経営改善をお手伝いする仕事を経験しました。勤務したのは6年半でしたが、所長の荒木東一郎先生(故人)は日本能率界の大御所で、とても厳しい人でした。直接指導を受ける機会はそう多くはありませんでしたが、若いうちに現場の生きた経営学を勉強する機会に恵まれたことは後の自分にとって非常に幸運であったと思っています。

当社は、丸太を専門に扱う昭和木材として昭和34年に創業。他社との差別化を図るために、特殊な商品、特定分野を専門的に扱うことは非常に有効です。当社も、丸太の品ぞろえと豊富な在庫で、信頼を勝ち取ることができました。しかし、建設業界は浮き沈みが激しく企業倒産の多い業界でもあります。当社は良好な関係を築いたお客さまとの関係を維持しながら、時代やニーズの変化に対応し、取扱商品や事業を拡大してきました。平成10年には、社名を「昭和マテリアル」に変更。今では、木材加工・建設工事などに伴い発生する樹木系廃棄物のリサイクルにも取り組んでいます。ただ、事業の核は、やはり「木材」です。木材の特性を生かし、高度活用を目指した研究も進めています。軟弱地盤の改良用に開発されたパイルネット工法は、全国で実績を積み上げていますし、「環境パイル工法」(住宅建設の地盤改良工法)や「LP-LiC工法」(地震による液状化現象対策)なども共同研究によって事業化し、推進しています。

かつて石炭で栄えた岩見沢は現在、肥沃な大地と豊富な水に恵まれていることから農業が基幹産業になっており、全国でも有数のコメの生産地になっています。また、気候・風土がワイン用ブドウの生産に適しており、ワイナリーの集積が進んできました。今後は、これを活用し、新たな観光メニューの開発にも力を入れていきたいと考えています。

次の記事

リーダーの横顔 どこにいても 存在感のある人を育てる 浅野 亨

宮城県 石巻商工会議所

石巻市には、〝米と魚で元気な日本〟をキャッチコピーにした特定第三種漁港の一つ、石巻港があります。石巻は、〝ホーキとチリトリ〟さえあれば暮...

前の記事

リーダーの横顔 サラリーマンの経験を地域活性化に生かす 岡本 直之

三重県 津商工会議所

津市は、三重県中央部に位置する人口約28万の県庁所在地です。古くは安濃津(あのうつ)と呼ばれ、港町として繁栄してきました。江戸時代には、津藩...

関連記事

リーダーの横顔 「心豊かな暮らし」を次世代へつなぐ 無料会員限定

熊本県 本渡商工会議所

熊本県の西端に位置する天草。有明海・八代海・東シナ海の三つの海に囲まれ、その豊かな恵みによって海と人が共生しています。新鮮な魚介類に加え...

リーダーの横顔 これからは秋田の時代

秋田県 秋田商工会議所

秋田市の港町、土崎に生まれ、高校時代まで過ごしました。高校時代はラグビーを通してさまざまなものを得たと思っています。練習は痛くて、つらい...

リーダーの横顔 継続は力なり

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿市は名古屋市の南方約40㎞に位置し、東に伊勢湾、西に鈴鹿山脈と恵まれた自然環境の中にあり、伝統と歴史と文化に育まれた産業都市です。戦後...