日商 Assist Biz

更新

リーダーの横顔 どこにいても 存在感のある人を育てる 浅野 亨

石巻商工会議所会頭 宮城ヤンマー株式会社 代表取締役社長 浅野 亨 事業内容:海と陸の両面から、暮らしの安全と安心をサポート。海の面では、船舶用のエンジンの販売を中心に、関連する機器、漁業資材部品、中小型船舶の販売などを実施。陸の面ではコジェネレーションシステムや、上下水道、排水ポンプ駆動エンジンなどの販売、設計、施工など

石巻市には、〝米と魚で元気な日本〟をキャッチコピーにした特定第三種漁港の一つ、石巻港があります。石巻は、〝ホーキとチリトリ〟さえあれば暮らしていけると言われるほどまでに住み心地の良い地域だったのです。あの大津波さえなければ……。2011年3月11日に発生した東日本大震災の震源に最も近かったまち、それが石巻です。まちは大きな損害を受け、一瞬の判断が生死を分けました。

しかし、石巻は全国の皆さまからの励ましを支えに、官民一体となり復興に向かって進んでいます。物は破壊されてしまいましたが、心が壊れることは決してありません。私も商工会議所のリーダーとして、〝復興をライフワーク〟と決めて活動していく覚悟です。

私は、1941年12月に石巻で生まれ、高校からは東京に出ました。卒業後は、ダイキン工業に2年間ほどお世話になり、66年に石巻へ帰り、家業を継ぎました。

故郷に帰って仕事をしようと思った大きなきっかけは、私の恩師である慶應義塾大学の飯田鼎教授の言葉です。それは、「地方から志を立てて上京して勉強している諸君は、卒業したら地元に帰り地域の発展のために尽くすことが使命だ」というものです。

現在、当社は東北六県を中心にヤンマーの特約店として、漁船のエンジン・陸上の予備電源装置の販売・メンテナンスを営んでいます。経営のポイントはヒト・モノ・カネ・情報と言われていますが、その中で私が最も力を入れているのはヒトです。目標は、会社でも、家庭でも、社会でも「存在感のある人」を育てること。また、会社の目標も市場から必要とされる、存在感のある会社になることです。

わが故郷、石巻の復興は未だ道半ば。これからが正念場です。この闘いに臨むには、折れない心が要ります。スポーツは、その心を奮い立たせる有効な手段の一つです。例えば、子どもから大人まで、底辺の大きなスポーツである野球では、県立石巻工業高校や、日本製紙石巻硬式野球部が活躍し、石巻に大きな力を与えてくれました。

今、2020年の東京五輪の聖火リレーを、石巻から出発させる運動をしています。1964年東京五輪ときのテーマは「戦後の復興」と「平和」。今度は大災害から復興する日本の姿を、世界に発信する大会です。「聖火リレーは石巻から」の運動を、ぜひ応援していただきますようお願いいたします。

次の記事

リーダーの横顔 仕事と社会貢献の 両立を目指して 勝村 善博

広島県 三原商工会議所

広島県三原市は戦国大名小早川隆景(毛利元就の三男)がつくった城下町です。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」でも紹介されました。平成5年に広島空港...

前の記事

リーダーの横顔 さらなる専門性の向上を目指す 五十嵐 閣

北海道 岩見沢商工会議所

北海道・岩見沢市は、空知地域の中心となる、人口約8万7000人の田園都市です。〝空知〟地域はかつて日本産業の近代化を支えた石炭の一大産地...

関連記事

リーダーの横顔 これからは秋田の時代

秋田県 秋田商工会議所

秋田市の港町、土崎に生まれ、高校時代まで過ごしました。高校時代はラグビーを通してさまざまなものを得たと思っています。練習は痛くて、つらい...

リーダーの横顔 継続は力なり

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿市は名古屋市の南方約40㎞に位置し、東に伊勢湾、西に鈴鹿山脈と恵まれた自然環境の中にあり、伝統と歴史と文化に育まれた産業都市です。戦後...

リーダーの横顔 自社事業を定義する

岡山県 玉野商工会議所

岡山県の最も南に位置する玉野市。30年ほど前までは、玉野市は本州と四国(高松市)を結ぶ宇高国道フェリーの四国への玄関口として栄え、また三井...