観光土産品審査会 第60回 vol.5 日本商工会議所会頭賞(菓子部門)

12枚入り800円(税抜き)

雑穀の国内生産量日本一を誇る岩手県。寒さが厳しく、元々作物が育ちにくかったため、古くから雑穀の栽培が盛んだったという。とはいえ、現在は作付面積も少なくなり、市場にも出回りにくくなっている。

その貴重な地元産雑穀をふんだんに使用し、雑穀の風味や香ばしさ、歯応えを感じられるように加工したのが、今回、日本商工会議所会頭賞に輝いた社会福祉法人カナンの園

生活介護事業シャローム事業所の「みちのくいわての味せんべい雑穀ざんまい」。「地域特産の雑穀を100%使い、ヘルシーかつ素朴でありながら食べ応えのあるしっかりした菓子に仕上がっていて、手土産にふさわしい」などの点が評価された。

雑穀王国・岩手を代表する土産品をつくりたいとの思いから出来上がった同商品。そばの実、紫黒米(古代米)、エゴマ(黒じゅうね)、いなきび、たかきびといった5種類の雑穀が使われている。

岩手ゆかりの作家、宮澤賢治の雨ニモマケズ風ニモマケズの焼印が押されているのもポイントだ。パッケージには、岩手県のイメージキャラクター「わんこきょうだい」から雑穀がモチーフの「こくっち」を取り入れ、雑穀をアピールしている。

次の記事

観光土産品審査会 第60回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

明宝トマトケチャップ

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を...

前の記事

観光土産品審査会 第60回 vol.4 国土交通大臣賞(グローバル部門)

木の扇子(青森ひば材)

建具の製作・販売・修理、各種木工製品づくりを主事業とする青森県八戸市の舘タテグ工芸。日本古来の「組子」の技術を生かして、和室のみならず、...

関連記事

観光土産品審査会 第61回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

canささ 笹かまアヒージョ

笹かまぼこを香り豊かなアヒージョに仕立てた缶詰「canささ 笹かまアヒージョ」。宮城県塩竈で80余年、笹かまぼこをつくり続ける「武田の笹かまぼ...

観光土産品審査会 第61回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(菓子部門)

山陰の味 大風呂敷

日本商工会議所会頭賞(菓子部門)に選ばれたのは、鳥取銘菓「山陰の味 大風呂敷」。良質な餅米を使った柔らかいきな粉餅に、鳥取県の特産品である...

観光土産品審査会 第61回 vol.5 観光庁長官賞(全部門より)

からし蓮根

熊本県の代表的郷土料理として知られる「からし蓮根」。レンコンの穴にからしみそを詰め、衣を付けて油で揚げたもので、シャキシャキとした食感と...