日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第60回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

内容量300g、600円(税抜き)

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を感じられるところがとても良い」などの声が上がった。

同商品は、岐阜県産のトマトを100%使用し、トマトの選別、洗いからビン詰めまで全て女性の手作業でつくられている。大鍋で5時間かけてじっくり煮込んで仕上げられたその味は、完熟トマトならではの深みがある。また、添加物を使用していないため、トマトの風味がそのまま伝わってくる。手間と愛情を目いっぱい注ぎ込んだ自信の逸品。和食・洋食・中華、どんな料理にも使える。日本テレビ『どっちの料理ショー』にも厳選特選素材として登場した。

同社は、加工品開発などに取り組み、女性だけで事業を展開している。1992年に設立された第三セクターで、80年結成の農村の女性たちによる「仲良しグループ」がその母体だ。コメの減反に悩む村で、何とか女性の力で活気づけようとトマト栽培を開始。村でもトマト栽培が盛んになると供給過剰になったことから、余り物のトマトを活用しようと始まったのがケチャップづくり。6年の月日をかけて試作を重ね、89年に同商品の製造販売を開始し、現在に至っている。

次の記事

金物をデザインした手染めの風呂敷

兵庫県三木市に、森と竹に囲まれた工房を構える竹岱亭(ちくだいてい)。染織(伝統的な型染め/草木染・手織り)・和更紗・石彫・木工・金工(彫金・鍛金)・刃物づくり・トンボ玉を…

前の記事

みちのくいわての味せんべい 雑穀ざんまい

雑穀の国内生産量日本一を誇る岩手県。寒さが厳しく、元々作物が育ちにくかったため、古くから雑穀の栽培が盛んだったという。とはいえ、現在は作付面積も少なくなり、市場にも…

関連記事

酒勾瓶 一合

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期にかけての半地下式の登り窯(安…

木の扇子(青森ひば材)

建具の製作・販売・修理、各種木工製品づくりを主事業とする青森県八戸市の舘タテグ工芸。日本古来の「組子」の技術を生かして、和室のみならず、洋室にも合う家具・小物・置物…

風鈴 折り鶴 金/こげ茶

江戸時代、茶の湯の進展とともに花開いた盛岡の鉄器文化。歴代の南部藩主に加護されながら技が磨き上げられ、南部鉄器の名声は湯釜や鉄瓶とともに全国に広まった。伝統と革新――…