観光土産品審査会 第60回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(民工芸部門)

90センチメートル×90センチメートル、4500円(税抜き)

兵庫県三木市に、森と竹に囲まれた工房を構える竹岱亭(ちくだいてい)。染織(伝統的な型染め/草木染・手織り)・和更紗・石彫・木工・金工(彫金・鍛金)・刃物づくり・トンボ玉をはじめとする工芸、そして染め職人/一甲(いっこう)による伝統ある回り舞台の大幕の制作など、多岐にわたる創作を行っている。

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは竹岱亭の「金物をデザインした手染めの風呂敷」。金物のまちで、藍染め発祥の地でもある三木市をアピールするため、オリジナルデザインを考案、型染めの技法を用いて藍染めした。

型染めは型を用いて柄を染める染色技法で、竹岱亭には数千枚近く彫りこんだ型紙がある。その線の細さには定評があるが、線の細さゆえ糊(のり)おきに技術を要する。型を彫る人と糊を置く人を分ける「分業」ではなく、竹岱亭では全ての作業を行う。型紙を繰り返し型置きすることで生まれる模様の繰り返しと、型を用いることにより表現される明快な線が型染めの魅力といえる。防染糊を使用しはけで染めていく「糊防染型染め」という手法で布を染めている。兵庫県西脇市産の「播磨藍」を使用。藍の染料は「すくも」と呼ばれる発酵および乾燥した状態で入荷される。そのすくもを「藍建て」という方法で、藍の染液をつくる。藍液に浸す回数によって色の濃度が変わる。日本の伝統工芸の技が凝縮されている。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

観光土産品審査会 第60回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(グローバル部門)

酒勾瓶 一合

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期に...

前の記事

観光土産品審査会 第60回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

明宝トマトケチャップ

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を...

関連記事

観光土産品審査会 第61回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(民工芸部門)

越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット

鮮やかな色を施した越前焼の盃(さかずき)に組子調のコースターを組み合わせ、越前和紙でパッケージした「越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット...

観光土産品審査会 第61回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

canささ 笹かまアヒージョ

笹かまぼこを香り豊かなアヒージョに仕立てた缶詰「canささ 笹かまアヒージョ」。宮城県塩竈で80余年、笹かまぼこをつくり続ける「武田の笹かまぼ...

観光土産品審査会 第61回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(菓子部門)

山陰の味 大風呂敷

日本商工会議所会頭賞(菓子部門)に選ばれたのは、鳥取銘菓「山陰の味 大風呂敷」。良質な餅米を使った柔らかいきな粉餅に、鳥取県の特産品である...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする