日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第60回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(グローバル部門)

180㏄、5100円(税抜き)

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期にかけての半地下式の登り窯(安養寺窯)がほぼ完全な形で発掘された。登り窯では陸奥国分寺や多賀城の瓦が生産されたとみられ、保存状態のよい半地下式の窯跡は全国でも少ないといわれているだけに、古代の瓦工場の全容を解明する上で有力な手掛かりになると期待されている。

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは、安養寺窯の、風流な形が印象的な持ちやすい酒器「酒勾瓶 一合」。薄くて接合部が多いのが特徴で、ノウハウが無いとまねしても壊れてしまう技の極み。令和を機に9枚のパーツを使い、全面改良した。握力の弱い人や不意に手から抜け落ちるのを未然に防止する機能性重視の優れもの。中指と薬指が楕円(だえん)空洞に自然に収まる。意外性に驚くも、一度使うと忘れられない安心感がある。右手用のほか、左手用も完成し、選択も可能だ。2019年に商標登録取得。宮城県のふるさと納税・返礼品に採用されている。

前の記事

金物をデザインした手染めの風呂敷

兵庫県三木市に、森と竹に囲まれた工房を構える竹岱亭(ちくだいてい)。染織(伝統的な型染め/草木染・手織り)・和更紗・石彫・木工・金工(彫金・鍛金)・刃物づくり・トンボ玉を…

関連記事

明宝トマトケチャップ

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を感じられるところがとても良い…

みちのくいわての味せんべい 雑穀ざんまい

雑穀の国内生産量日本一を誇る岩手県。寒さが厳しく、元々作物が育ちにくかったため、古くから雑穀の栽培が盛んだったという。とはいえ、現在は作付面積も少なくなり、市場にも…

木の扇子(青森ひば材)

建具の製作・販売・修理、各種木工製品づくりを主事業とする青森県八戸市の舘タテグ工芸。日本古来の「組子」の技術を生かして、和室のみならず、洋室にも合う家具・小物・置物…