リーダーの横顔 北の大地から 堅実さを胸に 岩田 圭剛

札幌商工会議所 会頭 岩田地崎建設株式会社 代表取締役社長 岩田 圭剛 事業内容:総合建設業 趣味:ゴルフ・音楽鑑賞

私たちの街・札幌は人口196万人。古くは「恋の街」とうたわれ、自然環境と都市景観が爽やかな北の商都です。広大な北海道の行政と経済の拠点として、全道各都市と連携し発展してまいりました。

街の中心「大通公園」では一年を通してにぎやかなイベントが開催されます。初夏は力強い舞いの「YOSAKOIソーラン祭り」、秋は北海道の食が楽しめる「さっぽろオータムフェスト」、冬は大迫力の雪像がお迎えする「さっぽろ雪まつり」。いずれも市民と観光客の皆さまが一体になって楽しめるダイナミックなお祭りです。

その大通公園から西の山腹を仰ぐと、昭和47(1972)年の札幌オリンピックの会場となった「大倉山ジャンプ競技場」を見ることができます。当所では、再びあのオリンピックの感動を子どもたちが体験できるよう、2030年の冬季オリンピック・パラリンピック招致活動に力を入れています。

当社は、大正11(1922)年に創業者 岩田徳治が、札幌市内を流れる豊平川の水害に悩まされていた農民の力になりたいと建設の道に足を踏み入れたのが始まりです。平成19(2007)年に「岩田建設」と「地崎工業」が合併し「岩田地崎建設」が誕生。現在は、北海道を基盤に東北から九州まで全国に拠点を持つ総合建設会社になりました。市内再開発事業やニセコエリアの宿泊施設建設、北海道胆振東部地震で甚大な被害を受けた厚真町での災害復旧工事のほか、本州ではリニア中央新幹線や東京オリンピック競技施設の工事などにも参画しています。

また、アジア、アフリカなどにも事業基盤を広げ、政府開発援助(ODA)事業を通じて発展途上国の生活環境の向上に貢献しています。

令和4(2022)年に創業100周年を迎えますが引き続き地域から信頼され、声を掛けられる会社でありたいと願っています。

私が経営者として心掛けているのは「堅実であること」。ステークホルダーの皆さまから「信頼」を得るには、堅実さが最も重要であり、当社の社風にもなっています。

そして、社員個々の力が伸びることが組織力向上につながると思っており、社員には「建設業のプロとして技術のほかに、1番になれるものをつくる努力をしなさい」と常々伝えています。また、同時にこの仕事に誇りを持ってほしいと思います。われわれの仕事で地域の文化、歴史が変わることを理解し、それを支えているという自負を持ってほしいと願っています。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

リーダーの横顔 新たな未来へ 地域とともに 柴田 忠昭

長野県 飯田商工会議所

飯田市は長野県の南部に位置する人口約10万人の都市です。当地では、2027年の開通を目指すリニア中央新幹線の工事が山場を迎えています。飯田・品...

前の記事

リーダーの横顔 常に他より一歩前に進む 嶋田 亘

大阪府 東大阪商工会議所

東大阪市は、人口50万人の中核都市として発展し、「モノづくりのまち」「ラグビーのまち」として全国に知られています。特にモノづくりのまちとし...

関連記事

リーダーの横顔 地域の文化・歴史を後世へ 無料会員限定

青森県 青森商工会議所

青森市は、日本を代表する火祭り「青森ねぶた祭」で有名ですが、古くから港町、商都として発展してきた「商いのまち」です。資源豊かな陸奥湾の最...

リーダーの横顔 新社会様式の中で「多様性と調和」を

千葉県 流山商工会議所

流山市は、千葉県北西部に位置し、都心から25㎞圏にある住宅都市です。2005年に開業した首都圏新都市鉄道「つくばエクスプレス」により、秋葉原と2...

リーダーの横顔 二つの地産地消(生)を目指して

広島県 庄原商工会議所

私ども庄原商工会議所の地域は広島県の北東部に位置し、面積は1246㎢で近畿以西では最大規模、人口3万5000人の典型的な中山間地域の過疎都市です。...

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする