日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2015年5月1日号 中山文麿

アジアインフラ投資銀行(AIIB)の創設メンバーに57カ国が名を連ねた。主要7カ国から英国など4カ国も参加した。日本も中国から招請されていたが対米配慮から見送った。

▼中国はこれまで国際通貨基金(IMF)の出資比率を引き上げたいと思っても米国などの反対によって実現しなかった。また、新興5カ国の間で設立されたBRICS銀行の参加比率も5カ国同等で指導力が発揮できない。

▼このため、中国はAIIBの創立を提唱した。中国の出資比率は加盟国の中で最大、資本金は1000億ドル、本店は北京に置く計画である。この構想は4兆ドル弱の外貨準備の有効活用と人民元の国際化を果たさんとするものである。一方、このような動きは戦後米国が主導してきた国際金融秩序であるブレトンウッズ体制に挑戦せんとするものでもある。

▼ところで、文明の西漸説というのがある。16世紀スペインの覇権は西の英国に移った。また、先の世界大戦では英国から米国に同様に移った。米国の西に位置する日本も一時期、覇権は持たなかったが、経済的に隆盛を誇った。しかし、バブルの処理を誤ったために瞬間的に通り過ぎてしまった。それが今、中国に移りつつある。中国は国民総生産や軍事費においていずれ米国を凌駕するといわれている。

▼これからアジアのインフラに必要な資金需要は8兆ドルともいわれており、アジア開発銀行や世界銀行だけではとても賄いきれない。AIIBにはこれら既存の国際機関と協調してアジアのインフラに必要な資金を供給してもらいたい。そのためにも、AIIBの投融資の審査基準や組織・運営のガバナンスは国際的価値観やルールに乗っ取ったものであるべきだ。

(中山文麿・政治経済社会研究所代表)

次の記事

神田玲子・総合研究開発機構研究調査理事

20世紀は大都市の時代だった。人口が増加し、多くの人が職を求めて都市に集まり、大都市が誕生した。道路、電力、鉄道などの生活インフラが張り巡らされ、都会に移り住んだ人々…

前の記事

公益社団法人日本観光振興協会総合研究所長・丁野朗

各地で「地域の物語」づくりが盛んである。その背景には、まち・ひと・しごと創生本部が策定した「長期ビジョン」と「総合戦略」、3月末の「地域再生法改正案」の閣議決定など…

関連記事

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

東京都を除外する異例の形で始まった「GO TOトラベル」。その成果や問題点を巡ってはいまだに議論もある。しかし、このキャンペーンの背後で、コロナ禍に立ち向かい、地域の事…

コラムニスト 宇津井輝史

戦争が終わって75年が経つ。コロナ禍の終戦記念日はひっそりと過ぎていった。1世紀の四分の三という遥かな時間はどういう意味を持つか。何よりもまず、この間、この国はいかな…

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

慶應義塾大学の創設者である福澤諭吉の『文明論之概略』には次の一節がある。「西洋諸国の学問は人民一般の間に起こり(中略)学者の事業にて、其行はるるや官私の別なく、唯学者…