日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2014年6月21日号 丁野朗

いまや観光は「1億総おたく化」が進行している。「おたく」が不適切であれば趣味(テーマ)化でもいい。これは、旅のダウンサイジング、個人化の帰結である。家族や友人・仲間などの小グループや一人旅が増加すれば、必然的に趣味やテーマで旅先が選ばれるということである。

▼反面、永遠のテーマといわれる「食」を目的とする旅も依然人気が高い。いわゆる「食旅」である。だが、近年の食旅は、ただおいしければいいというレベルを超えて、食や食文化への拘りが強い。この分野でも趣味(テーマ)化が進んでいるのである。

▼「食」を提供する地域側にも拘りがある。夕張メロンや関サバ・関アジなど地域食材を特産品化し、知名度と信頼度を強める「ブランド食品型」、紀州梅のように伝統的地場産品を高付加価値化する「伝統加工品型」、高山の飛騨ヨーグルトや馬路村の柚子加工品など地場農水産物から新加工品を開発、インターネット販売で全国区として産地を観光地化する「新開発加工品型」、広島お好み焼きや宇都宮餃子など地元で昔から親しまれている大衆料理を普及させて食旅に発展させる「飲食店型」など実に多様である。

▼これらとともに、近年は特色ある食の「場」や「作法」が注目されている。全国有数の食材を誇る高知県は、リクルートの「食の調査」で4年連続日本一に輝いた。この人気を支えたのは、祝事があれば、親族や町・村の人々が集まって宴会をするおきゃく」という食文化にある。これを「場」として表現した「ひろめ市場」は人気が高い。おしゃべりと三線で楽しむ沖縄の「ゆんたく」も同じだろう。観光客は、こうした食文化に共感しているのである。

(公益社団法人日本観光振興協会総合研究所長・丁野朗)

次の記事

時事通信社経理局長・中村恒夫

女性の雇用拡大を目指す動きが活発化している。少子高齢化が進む中で、当然のことかもしれない。一方で、結婚後働く女性を取り巻く環境は依然として厳しい。▼ケース1=ある公的…

前の記事

文章ラボ主宰・宇津井輝史

経済規模の拡大は人々の生活を豊かにし続けた。人はすっかりそれに慣れきってしまった。人類の一人当たりGDPは西暦元年には400ドル。これが1000年続いた。600ドルになるのに800…

関連記事

観光未来プランナー 丁野朗

もう何度目かの訪問となるが、3月半ば、福井県の九頭竜川上流域にある勝山市の平泉寺白山神社を訪ねた。平泉寺は、717(養老元)年に泰澄によって開かれた1300年の歴史を持つ古…

コラムニスト 宇津井輝史

インドでは街中を牛が闊歩する。神の使いゆえ、クラクションを鳴らしてはいけない。一方デリーのような大都会で猿が走り回り、生活圏でトラの恐怖と隣り合わせのインドは野生の…

都市にも「逆転」は起こり得る。パリの中央部をゆったりと流れるセーヌ川。今でこそ観光客でにぎわう名所だが、19世紀半ば頃は、異臭が立ち込めるコレラ菌の発生源であった。当…