日商 Assist Biz

更新

情熱ぴーぷる 第17回女性起業家大賞スタートアップ部門奨励賞

“食を楽しむ”オーダーメードの旅を提供

株式会社 Table a Cloth 代表取締役 岡田 奈穂子(おかだ・なほこ)

株式会社 Table a Cloth 代表取締役 岡田 奈穂子(おかだ・なほこ)

頼まれて始めた旅のプランニングが本業に

旅行業を起業する前、私は新卒で入社した神戸の大手通信販売会社で雑貨の輸入や企画に関わる仕事をしていました。仕事柄、海外に行く機会が多く、旅先ではローカルな食べ物を食べたり、ガイドブックに載っていない場所を訪ねたり。それが楽しくて、「雑貨を通してその土地の良さを伝えたい」と、商品にはそれにまつわる物語や土地のエピソードを記したカードを添えるなど張り切っていました。でも仕事を続けるうち、物を通して現地の魅力を伝えることに限界を感じ、実際に行って見て触れてもらう仕事に携わりたいと思うようになったのです。

またその頃、私は趣味としても度々海外旅行に出掛けていましたが、パッケージツアーではなく自分で手配する自由な旅で、それを知った友人から、「旅行プランをつくって」と頼まれるようになりました。趣味の延長で友人の旅の行程表をつくり、飛行機や列車、レストランを予約。もちろん全てボランティアです。そして頼まれるままに次々と旅をつくり、気付けば年に10件、20件と増え、ハネムーンのプランまで頼まれるようになりました。

しかし当時の私には旅行業の資格もスキルもなく、そのまま旅の提供を続けることが次第に怖くなってきたのです。同時に、「やるからにはもっと安全に、クオリティーの高い仕事をしたい。私のつくる旅行が求められるのは、世の中にそういう会社がないからだ」と思うようになり、6年間勤めた大好きな会社を辞め、大阪の小さな旅行会社に転職しました。

食に特化した旅に着目

旅行会社では業務の基礎を学び、必要な資格も取得しました。でも、純粋に「楽しい旅行をつくりたい」という私の思いは、旅行業界の慣習の前ではかなわないことも多く、1年足らずで独立を決意。スタートアップカフェ大阪へ創業相談に行き、「おいしい旅」をコンセプトに食を楽しむことに特化したフルオーダーメードの旅行プランニングサービスの提供を始めました。開業時、ハードルはたくさんありました。旅行業開業には600万円の資金が必要であり、航空券やホテルの仕入れ(供給)のためのコネクション、現地提携先の確保など、目指す旅づくりに必要なものを必死でかき集めていくような状態でした。

開業して約1年9カ月、法人化して約10カ月がたちましたが、おかげさまで紹介やリピーターなど利用者も増えてきました。現在は、ワイナリーツアーや農家訪問旅行などツアーも実施しています。また今春、宿泊予約サイト「gochi(ごち)荘」をオープンするべく奮闘しています。これは、野菜の収穫など食に関わる体験ができる国内の農家民宿、漁師宿などを紹介するもので、国内外にその楽しさを伝えたいと考えています。3月からメンバーも増えました。新事業がきちんと運営できるか不安もありますが、これからもお客さま一人ひとりの思い出に残る旅を提供し続けていきたいと思います。

会社データ

社名:株式会社Table a Cloth(テーブル ア クロス)

所在地:大阪府大阪市北区中津1-6-29-905

電話:06-4967-5549

創業:2017年

事業概要:旅行業(食に特化したオーダーメード型旅行プランニング)

HP:http://tableacloth.com/

※月刊石垣2019年4月号に掲載された記事です。

次の記事

マリープラチーヌ株式会社

私は50歳のとき「炭酸パック(ソーダジェルパック)」を主力製品とする化粧品会社マリープラチーヌを起業しました。この年齢で起業したのは、長年化粧品やエステに関わる仕事を…

前の記事

株式会社Bonheur

女性にとって離婚は大きなリスクを伴うものです。精神的、経済的に不安定になる中、本当に必要な情報は少なく、どこに相談すればよいか分からない。こうした女性たちを支援しよ…

関連記事

一般社団法人ヘルスケアマネジメント協会

私は、以前地元の総合病院で救急現場の看護師として勤務していました。そこで働き盛りの世代の方が突然亡くなる姿を数多く目にし、命の危険に至る前に何とか予防できないかを真…

株式会社グラディア

高知のご当地バーガー「龍馬バーガー」を看板メニューに、カフェを始めて11年目を迎えます。もとは夫と自動車販売店を経営していましたが、移転を機に「女性も気軽に自動車の相…

株式会社Capybara

子どもが生まれたとき、喜びを感じると同時に育児と仕事の両立に悩む女性は多いと思います。私自身、小さな娘を保育園に預けて仕事をしていたとき、毎朝別れ際に泣く娘の姿を見…