日商 Assist Biz

更新

こうしてヒット商品は生まれた! 真結(ゆい)

「ななつ星 in 九州」を手掛けたことでも有名な工業デザイナー・水戸岡鋭治氏がデザインした、「ゆいプリマ」と名付けられた「真結」専用の特別仕様バス

兵庫県を拠点とする神姫(しんき)バスから分社した神姫バスツアーズ。同社が2016年から販売を開始した高級バスで行くオンリーワンのバス旅「真結(ゆい)」が、好調な座席販売率を維持している。特別仕様のバスに乗り、ゆとりある行程で、こだわりの宿や味覚、さまざまな体験が堪能できる同商品は、どのように誕生し、客の心をつかんだのか――。

行程もバスも全てがワンランク上をいく

高級バスツアーといえば、人気の観光地や温泉地を巡り、高級旅館やホテルに泊まり、高級料理を提供するのが一般的である。一方、神姫バスツアーズが販売するバス旅「真結」は少し趣向が異なる。重視しているのは“本物”と“ゆとり”だ。ゆったりしたバスに乗り、その時や場所でしか体験できない、本物を楽しむ。

そして目玉は何といっても、このツアーだけに使われる特別仕様のバス「ゆいプリマ」だ。1人掛けと2人掛けシートを6列に配置した18人乗りで、広々としたスペースが確保されている。内装には天然木をふんだんに使い、床は全面フローリング、車両後方には木製カウンターが設けられ、ゆったりとくつろげる空間となっている。

内容もバスも全てがワンランク上をいくだけに、ツアー料金も通常の3倍程度する。しかし、2016年10月に開始した第1回募集では、長期の宿泊コースを中心にキャンセル待ちが出るほどの人気を博した。

「当社も通常のバスツアーを多く企画しています。ところが、参加したお客さまにアンケートを取ると、『よかった』より『疲れた』という感想の方が多かったんです。大手に対抗して100円でも安いツアーを提供しても、満足度が低くては次につなげられないと感じました」と「真結」の発案者である神姫バス社長、長尾真さんは振り返る。

バスツアーは安いという常識を覆すバスをつくる

1927年に創業した神姫バスは、兵庫県を拠点にバス事業を展開している。その一環で、旅行 事業を扱ってきた。そうした中で、長尾さんが「真結」を発案するきっかけになったのは、ヨーロッパを視察した際に見た観光バスだ。

「車内にキッチンがあったり、半円形のソファが置いてあったり、とにかくつくりが自由なんです。それに比べて日本のバスはどれもほとんど同じで、何てつまらないんだろうと思いました」

長尾さんは早速、オンリーワンのバスをつくろうと、工業デザイナーの水戸岡鋭治氏を訪ねた。九州新幹線をはじめ鉄道車両を多く手掛け、数々の受賞歴を持つ同氏に、内装デザインを依頼するためだ。当時、バスの内装をデザイナーが手掛けるのは珍しいことだったが、快諾を得た。同社が保有するバスを試行錯誤しながら改造し、定員26人でシート間隔が広く、後方にサロン風フリースペースを設けた特別仕様バス「プレミアム」が完成した。ゆったりした車内に合わせて、行程や宿、食事場所も吟味し、2008年に高級バスツアー「ゆとり」の販売を開始した。

「安さを追求したツアーから一転、高価格なプランだったので、最初は勇気がいりました。でも、ふたを開けてみると予想を超える人気で、リピーターも獲得しました。ただ、徐々にマンネリ化してきて、打開策を考える必要が出てきたんです。そこで『プレミアム』を超える新たなバスをいちからつくり、旅のコンセプトも見直して、それに合うサービスとそのサービスを提供する人材の育成に乗り出しました」

こうして再び水戸岡氏にデザインを依頼し、誕生したのが「ゆいプリマ」だ。「本物の旅を体と心で感じ、その感動をお客さまが共有(結びつき)できるこだわりのツアー」という新たなコンセプトを掲げ、単に高級を求めるのではなく、質素な中にも本物を追求した行程や体験、宿や食事を厳選した。さらに全てのツアーに専門のアテンダントを配置し、おもてなしを強化した。こうしてオンリーワンのバス旅「真結」が完成し、同社から分社した神姫バスツアーズが販売を開始した。

ターゲットを絞り好調な座席販売率をキープ

同商品は当初から、時間的な余裕があり旅慣れた60~70代のシニアを中心に申し込みが殺到した。開始から2年半たった現在でも、座席の販売率が7~8割をキープするなど、好調な売れ行きを示している。

「手間もコストも掛かっているので、さほど利益が出ているわけではありません。しかし、『真結』の名前が認知されるにつれて、『神姫バス』の名前も多くのお客さまに知ってもらえるようになりました。『真結』は“いまだかつてないバス旅”を提供するという目標と同時に、会社のブランディングにも大きく貢献しています」

この春には大阪発着専用の3台目「ゆいプリマ」号が走り始めた。これまで県内を営業エリアとしてきた神姫バスにとっても、大阪に拠点を広げる新たな挑戦となる。近年、シニア層や訪日客を中心とした高級観光バスツアーに追い風が吹いているだけに、同業他社とともに市場を拡大しつつ、独自性を出していく必要がある。舌も目も肥えたメインターゲット層のシニアの満足度を高めるために、ツアーごとに実施しているアンケートやモニターとの意見交換、接客に当たったアテンダントの声などから見えてきた改善点を、すぐ次の出発便に反映させるなどの努力を続けている。

「本物を提供するツアーを掲げているだけに、満足していただいているか、いつも不安です。アンケートの『普通』にチェックが入っていたら、それは『不満』と同義なのです。特にリピーターの方は、ジャッジが厳しくなるので、細かいニーズにもアンテナを張って企画に反映させたり、アテンダントのおもてなし力をさらに高めたり、より満足度を上げる対策を講じていきたい」と長尾さんはさらなる向上を目指す。

会社データ

社名:神姫バス株式会社

所在地:兵庫県姫路市西駅前町1

電話:079-223-1241

HP:https://www.shinkibus.co.jp/

代表者:長尾真 取締役社長

設立:1927年

従業員:1777人

 

社名:神姫バスツアーズ株式会社

所在地:兵庫県姫路市西駅前町1

電話:079-224-1881

HP:https://www.shinkibus.com

代表者:今井治生 代表取締役

設立:2012年

従業員:91人

次の記事

小諸商工会議所

北に名峰・浅間山を望む信州小諸。その南西部に広がる御牧ケ原高原で育った「白土ばれいしょ」を主原料につくられたのが「御牧ケ原ポタージュスープ」だ。収穫した新じゃがしか…

前の記事

株式会社ツカダ

刃物のまちとして有名な岐阜県関市にある金属プレス加工会社ツカダ。長年、下請けの町工場として金型の設計や打ち抜きプレス加工などを扱ってきた。そんな同社が製作した自社製…

関連記事

株式会社島ごころ

国産レモンの生産量日本一を誇る広島県尾道市。中でも、瀬戸内海に浮かぶ生口島(いくちじま)でつくられる「瀬戸田レモン」は、最も多くの割合を占める。その果皮をふんだんに使…

株式会社北見ハッカ通商

国内唯一のハッカの産地・北海道北見市で、ハッカ製品の製造・卸売業を営む北見ハッカ通商。創業以来の主力商品であるハッカ油は、長い間日の目を見なかったが、地道な営業努力…

株式会社マーナ

2022年に創業150周年を迎える生活雑貨メーカー・マーナ。長い歴史の中で数々のアイデアグッズを世に出し、ヒットに導いてきた同社で堂々の看板を張っているのが、15年に発売さ…