JPC 生産性、日本は20位 OECD加盟国と比較

公益財団法人日本生産性本部(JPC)はこのほど、「労働生産性の国際比較2016年版」を公表した。政府が昨年12月に行ったGDP基準改定を踏まえた労働生産性の国際比較などについても試算を行った。

OECDデータに基づく日本の労働生産性水準(就業1時間当たり付加価値)は42・1ドル(4439円)で、OECD加盟35カ国中20位だった。基準改定後のGDPから試算した労働生産性水準は6・3%上昇し、44・8ドル(4718円)で、OECD加盟国中19位となった。

就業者1人当たりでみた労働生産性は7万4315ドル(783万円)、でOECD加盟35カ国中22位となった。基準改定後の試算値は7万8997ドル(832万円)で、順位は変わらなかった。

政府が目標とするGDP600兆円実現に必要な実質労働生産性上昇率は、GDP基準改定に伴い、年率プラス2・6%からプラス1・4%に低下した。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする