日商 Assist Biz

更新

クルーズ客拡大へ検討委員会を設置 国交省

国土交通省はこのほど、「官民連携によるクルーズ拠点形成検討委員会」を設置し、12日に初会合を開催した。政府は、「明日の日本を支える観光ビジョン」において、クルーズに関する新たな目標として、「訪日クルーズ旅客を2020年に500万人」を設定しており、その実現に向けた施策の一つとして、世界に誇る国際クルーズの拠点形成を図ることとしている。

同委員会では、アジアにおける旺盛なクルーズ需要に対応して、クルーズ船が長期かつ安定的にわが国に寄港する仕組みの検討を行う。