地方創生 基本方針を閣議決定 若者の地方定住図る

政府は2日、地方創生を事業展開していくに当たっての指針となる「まち・ひと・しごと創生基本方針2016」を閣議決定した。ローカル・アベノミクスの実現に向け、ローカル・ブランディング、サービス生産性向上、人材育成、「創り手」となる組織づくりなどが盛り込まれている。

また、各分野の政策推進に加え、過度な東京一極集中や人口減少の進行を踏まえ、地方創生の一層の推進を図る観点から、地域特性に応じ、取り組みが遅れている課題に対する戦略・事業の強化を提示。東京圏への若者の転出が多い政令市・県庁所在市などについては、首都圏や地元の学生を対象とした地方創生インターンシップ、地方就職を支援する奨学金の普及などに取り組むとしている。

さらに、今後急速に人口の減少が予想される地域においては、コンパクトシティーの形成、公共施設の集約・複合化と利活用などに向けた支援なども展開していく。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする