知財推進計画を決定 挑戦型企業への支援強化

政府の知的財産戦略本部(本部長=安倍晋三首相)は9日、官邸で会合を開き、「知的財産推進計画2016」を決定した。推進計画は、「第4次産業革命時代の知財イノベーションの推進」「知財意識・知財活動の普及・浸透」「コンテンツの新規展開の推進」「知財システムの基盤整備」の4つの柱で構成されている。

中小企業の知財戦略を推進に向けては、「知財活用途上型中小企業に対する戦略的普及活動」「知財活用挑戦型中小企業に対する支援強化」「農林水産分野などにおける知財戦略の推進」の3点が推進計画には盛り込まれている。具体的には、知財総合支援窓口などによる知財相談機能の強化・積極的な普及活動、知財の権利取得から権利行使・活用まで一気通貫の海外展開支援強化、地理的表示(GI)の活用と普及・啓発に取り組んでいく。

安倍首相は、計画の取りまとめに当たり、「知的財産を活用し、イノベーションの創出に取り組む企業・大学などの『挑戦者』を力強く後押しするため、政府一丸となって、知財戦略を進めていく」と意気込みを述べた。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする