日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 バレーボールチーム支援 産学官で協議会設立

協議会発足の記念撮影に臨むシーガルズの選手と協議会メンバーら

岡山商工会議所が事務局を務める「岡山シーガルズの活躍に向けた民間活力活用推進協議会」が3日、発足した。岡山シーガルズは、岡山県に拠点を置き、Vリーグ機構に所属する女子バレーボールのクラブチームだ。県バレーボール協会の中島博会長が同協議会の会長に就任。オール岡山で支援するため、県商工会議所連合会の岡﨑彬会長(同所会頭)などが副会長を務め、地元経済6団体や県医師会、大学なども同協議会の理事として名を連ねる。

シーガルズは企業所属の実業団チームではなく、市民の支援を受けるクラブチーム。これまでも同県の経済界を中心に支援してきたが、今回の協議会発足でより強力に後押しする。 同協議会は本年度の事業計画として、シーガルズの組織改革、交流人口の拡大に向けた広報・事業の推進、専用練習場およびアリーナ建設に向けた調査検討などを予定。組織改革に当たっては、協議会のメンバーである金融機関などに所属する企業・組織マネジメントの専門家が、シーガルズの組織運営に無駄がないかなどを見極め、より効率的な組織になるようアドバイスする。

また、同協議会では交流人口拡大に向け、地域外からバレーボール合宿の誘致などを行う。これまでも岡山で合宿を行う学生に対してシーガルズの選手がコーチをした実績がある。さらに、昨年にはフィリピンのバレーボール女子代表チームが岡山を訪れ、シーガルズと合同練習や試合を行った。今後、このような活動をより推進する。

現在、シーガルズには専用の練習場はなく、公共の体育館などを利用して練習を行っている。シーガルズの練習拠点として利用するとともに、市民の交流拠点として活用するアリーナの建設に向けて行う調査も、同協議会の本年度事業の柱の一つだ。

同協議会の事務局を務める同所は、会館の一部をシーガルズの事務所に提供するなど、多方面にわたる支援を行っている。同所は「シーガルズを媒介として、さらなる地域活性化を目指したい」と期待を寄せている。

次の記事

神奈川県 平塚商工会議所

平塚商工会議所(神奈川県)は3月28日、平塚市、平塚信用金庫と連携し、創業者を支援する仕組み「ひらつか創業サポーターズ」を立ち上げた。支援の対象は平塚市内に本社、事業所…

前の記事

福岡県 久留米商工会議所

久留米商工会議所は2月8日、久留米市内のホテルで「アイデアレシピ晩餐会」を開催し、関係者や一般市民ら150人が訪れた。同イベントは、1月27日に最終(実技)審査が行われた「…

関連記事

大分県 臼杵商工会議所青年部会

臼杵商工会議所青年部会(大分県、臼杵YEG)と臼杵青年会議所は、毎年7月に行われる「臼杵祇園まつり」が今年、新型コロナウイルスの流行により見送られたことから疫病退散を願う…

山口県 小野田商工会議所

小野田商工会議所(山口県)と山陽小野田市、山口フィナンシャルグループの3者は7月28日に合同記者会見を開き、同所が事務所を置く市商工センターの再整備に官民連携事業の手法の…

福岡県 直方商工会議所

直方商工会議所(福岡県)は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている同所会員が安心して経済活動に取り組めるよう、フェリカポケットマーケティング社(東京・港)が持つ地域…