セレクト地域短信 巨大な行燈が見もの 伝統の祭り引き継ぐ

行燈が勢ぞろいした景色は壮観

砺波商工会議所(富山県)に事務局を置く砺波夜高振興会は6月8、9日の2日間、砺波市の一大イベントである「となみ夜高まつり」を開催した。まつりは大正時代に豊年満作を願う田祭りとして始まったもの。高さ6メートルを超える各町の豪華絢爛(けんらん)な大行燈(あんどん)が、「ヨイヤサー」の掛け声や太鼓・笛の音と共にまちを練り歩く。今年は大行燈16台と小行燈4台が参加した。最大の見せ場は大行燈がぶつかり合う「突き合わせ」だ。2日間で3万6千人が訪れ勇壮なまつりを楽しんだ。

夜高行燈は木製の台の上に山車とツリモンと呼ばれる飾りを付けたもの。竹と和紙でつくる飾りには武者絵や花などが描かれ、中に入れた電球で華やかに浮き上がる。初日には「夜高行燈コンクール」が実施され、観客が見守る中、各町が自慢の行燈を披露した。

クライマックスの「突き合わせ」は2日目に開催。今回は駅前広場で初のパブリックビューイングを実施、220インチの大型スクリーンで迫力ある映像を流した。また、近年は予約制の観覧席も設けるなど観光振興に力を注ぐ。「まつりは観光の目玉であり、伝統行事として引き継ぐべきもの。人のつながりをつくる役割もある。来年もまちを挙げて盛り上げていく」と同所は話している。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 〝盆栽の先生〟育成へ 体験型観光の担い手に

香川県 高松商工会議所

高松商工会議所(香川県)は、高松市の地場産業である盆栽の魅力を発信するため、盆栽づくりのワークショップを行う講師を育成する「BONSAI RECORD(...

前の記事

セレクト地域短信 学生がまちの魅力PR キャリア教育の側面も

北海道 恵庭商工会議所

恵庭商工会議所(北海道)は、若者の視点で地域の魅力を発信する地域活性化事業「集まれ!YOUNG MAN」を実施する。恵庭市内在住、および在学中の大学...

関連記事

セレクト地域短信 初のオンライン商談会 DX推進へ30社出展

佐賀県 佐賀県商工会議所連合会

佐賀県商工会議所連合会、佐賀県商工会連合会、佐賀県中小企業団体中央会、佐賀県産業スマート化センターなどはこのほど、生産性向上とDX推進につ...

セレクト地域短信 4金融機関と協定締結 企業の海外販売を支援

福井県 鯖江商工会議所

鯖江商工会議所(福井県)は10月26日、地元の4金融機関(福井銀行、福邦銀行、北陸銀行、福井信用金庫)と共に「CROSS BORDER SABAE(CBS)地域金...

セレクト地域短信 タウン情報誌「城陽日和」を発行

京都府 城陽商工会議所

城陽商工会議所(京都府)はこのほど、タウン情報誌「城陽日和」(2021年秋特別号)を発行した。同冊子は、城陽市の商業を活性化させるため毎年春...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする