日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 巨大な行燈が見もの 伝統の祭り引き継ぐ

行燈が勢ぞろいした景色は壮観

砺波商工会議所(富山県)に事務局を置く砺波夜高振興会は6月8、9日の2日間、砺波市の一大イベントである「となみ夜高まつり」を開催した。まつりは大正時代に豊年満作を願う田祭りとして始まったもの。高さ6メートルを超える各町の豪華絢爛(けんらん)な大行燈(あんどん)が、「ヨイヤサー」の掛け声や太鼓・笛の音と共にまちを練り歩く。今年は大行燈16台と小行燈4台が参加した。最大の見せ場は大行燈がぶつかり合う「突き合わせ」だ。2日間で3万6千人が訪れ勇壮なまつりを楽しんだ。

夜高行燈は木製の台の上に山車とツリモンと呼ばれる飾りを付けたもの。竹と和紙でつくる飾りには武者絵や花などが描かれ、中に入れた電球で華やかに浮き上がる。初日には「夜高行燈コンクール」が実施され、観客が見守る中、各町が自慢の行燈を披露した。

クライマックスの「突き合わせ」は2日目に開催。今回は駅前広場で初のパブリックビューイングを実施、220インチの大型スクリーンで迫力ある映像を流した。また、近年は予約制の観覧席も設けるなど観光振興に力を注ぐ。「まつりは観光の目玉であり、伝統行事として引き継ぐべきもの。人のつながりをつくる役割もある。来年もまちを挙げて盛り上げていく」と同所は話している。

次の記事

セレクト地域短信 〝盆栽の先生〟育成へ 体験型観光の担い手に

香川県 高松商工会議所

高松商工会議所(香川県)は、高松市の地場産業である盆栽の魅力を発信するため、盆栽づくりのワークショップを行う講師を育成する「BONSAI RECORD(...

前の記事

セレクト地域短信 学生がまちの魅力PR キャリア教育の側面も

北海道 恵庭商工会議所

恵庭商工会議所(北海道)は、若者の視点で地域の魅力を発信する地域活性化事業「集まれ!YOUNG MAN」を実施する。恵庭市内在住、および在学中の大学...

関連記事

セレクト地域短信 VR技術で店舗を紹介 コロナ後の集客増狙う

北海道 札幌商工会議所

札幌商工会議所(北海道)はこのほど、VR技術を活用し、市内飲食店や土産店、観光施設などを3D画像で紹介するサイト「Sapporo Virtual Street」を...

セレクト地域短信 芍薬の切り花プレゼント 新たな観光資源の一つに

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿商工会議所(三重県)などで構成するSUZUKA産学官交流会では、市内在住者に抽選で市の特産品である「芍薬の切り花」をプレゼントするキャンペ...

セレクト地域短信 特産品を詰め合わせ オリジナルのギフトに

静岡県 掛川商工会議所

掛川商工会議所(静岡県)はこのほど、地場産品を販売する「これっしか処」と共同で、掛川市の特産品を自由に詰め合わせできるギフトセット「KORED...