おすすめ書籍 里山産業論~『食の戦略』が六次産業を超える~/中小企業政策の考え方

里山産業論~『食の戦略』が六次産業を超える~

金丸弘美 著

本書では地域の「食」を基盤に、風景、食べ方、学校給食、消費者との接点を重視しながら、人材を育て、経済を回し、活性化に成功している事例を紹介。まちづくり担当者にオススメの一冊。

(新書判/232頁/税込864円/角川新書)

中小企業政策の考え方

北川慎介 著

本書は、前中小企業庁長官である著者が、中小企業・小規模事業者の現状や、中小企業政策を分かりやすく解説。支援策の理念と狙いが理解できる一冊。

(四六判/北川慎介著/179頁/税込1620円/同友館)

次の記事

おすすめ書籍 VW不正と中国・ドイツ 経済同盟~世界経済の支配者か、破壊者か~/中小企業の事業承継 M&A活用の手引き

真壁昭夫/幸村俊哉

VW不正と中国・ドイツ 経済同盟~世界経済の支配者か、破壊者か~ 真壁昭夫著 経済的な蜜月関係にある中国とドイツ。一種の経済同盟になりつ...

前の記事

おすすめ書籍 選択する未来~人口推計から見えてくる未来像~/「ストレスチェック」導入ガイドブック

内閣府/増田史

本書は、経済財政諮問会議の専門調査会「選択する未来」委員会で分析した情報などを、再整理して解説を加えたもの。人口減少下でわが国の進むべき...

関連記事

おすすめ書籍 渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語/ジェトロ貿易ハンドブック2021

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する...

おすすめ書籍 新型コロナとまちづくり

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが...

おすすめ書籍 渋沢栄一伝―道理に欠けず、正義に外れず―/地域金融の未来―金融機関・経営者・認定支援機関による価値共創―

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーと...