日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 市内全小6生千人が挑戦 「ものしり検定」実施

副読本は小学5年生のときに配布される

新居浜商工会議所(愛媛県)は1月13日、新居浜市内の全小学6年生を対象に、「第2回新居浜ものしり検定」を実施。市内16校に在籍する約1000人が受験した。 

同検定は、市内の子どもたちが地域の歴史、文化、ふるさとの魅力などを再発見するとともに、郷土愛を持ち、観光客などに対して心地よい「おもてなし」ができるような人材育成と、ふるさと学習の推進を目的に行っているもの。児童には検定試験の1年前に、副読本である『めざせ!新居浜のものしり博士』を配布し、授業でも学習。さらに市内の産業遺産を訪れる実地研修を行うなど、市の教育委員会と協力して、まちぐるみでこの事業に取り組んでいる。試験当日は1年間の集大成として、副読本の中から4択問題が30問出題された。 

今年で2回目となった同検定は、同所で実施している「とっておきの新居浜検定」のジュニア版。来年度以降も継続的に実施予定となっている。同所は、「今後も教育委員会との連携の下、郷土を愛する子どもたちの育成と、新居浜の歴史・文化などの継承者育成に努めていきたい」と話している。

次の記事

福井県 大野商工会議所青年部

大野商工会議所青年部(福井県)は1月31日、特産品のサバ寿司で「モザイク・サバアート」を制作し、ギネス世界記録に挑戦するイベントを開催した。同地域では、夏至から数えて1…

前の記事

新潟県 上越商工会議所女性会

上越商工会議所女性会(新潟県)は、3月14日の北陸新幹線開業を機に地元を訪れる観光客をもてなそうと、新たな土産品2種類を会員企業とともに開発した。同女性会は昨年11月に上…

関連記事

香川県 高松商工会議所

高松商工会議所(香川県)は、経営者の高齢化、後継者不在などに伴う中小企業の廃業危機に対応するため、従来の「事業引継ぎ支援センター」と「ネットワーク事務局」を統合した…

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…