セレクト地域短信 市内全小6生千人が挑戦 「ものしり検定」実施

副読本は小学5年生のときに配布される

新居浜商工会議所(愛媛県)は1月13日、新居浜市内の全小学6年生を対象に、「第2回新居浜ものしり検定」を実施。市内16校に在籍する約1000人が受験した。 

同検定は、市内の子どもたちが地域の歴史、文化、ふるさとの魅力などを再発見するとともに、郷土愛を持ち、観光客などに対して心地よい「おもてなし」ができるような人材育成と、ふるさと学習の推進を目的に行っているもの。児童には検定試験の1年前に、副読本である『めざせ!新居浜のものしり博士』を配布し、授業でも学習。さらに市内の産業遺産を訪れる実地研修を行うなど、市の教育委員会と協力して、まちぐるみでこの事業に取り組んでいる。試験当日は1年間の集大成として、副読本の中から4択問題が30問出題された。 

今年で2回目となった同検定は、同所で実施している「とっておきの新居浜検定」のジュニア版。来年度以降も継続的に実施予定となっている。同所は、「今後も教育委員会との連携の下、郷土を愛する子どもたちの育成と、新居浜の歴史・文化などの継承者育成に努めていきたい」と話している。

次の記事

セレクト地域短信 サバ寿司でギネス世界記録 特産品PRに貢献 大野YEG

福井県 大野商工会議所青年部

大野商工会議所青年部(福井県)は1月31日、特産品のサバ寿司で「モザイク・サバアート」を制作し、ギネス世界記録に挑戦するイベントを開催した。...

前の記事

セレクト地域短信 上越女性会 北陸新幹線開業を前に 新土産品2種を開発

新潟県 上越商工会議所女性会

上越商工会議所女性会(新潟県)は、3月14日の北陸新幹線開業を機に地元を訪れる観光客をもてなそうと、新たな土産品2種類を会員企業とともに開発...

関連記事

セレクト地域短信 抗原検査センター設置 無料、予約不要で簡単に

大分県 宇佐商工会議所

宇佐商工会議所(大分県)は、宇佐市と共同で市内に無料で新型コロナウイルス感染症の抗原検査を行う「うさ抗原検査センター」を5月16日から6月30...

セレクト地域短信 地元食材、パエリアで提供 ふるさと納税返礼品に活用

山口県 下松商工会議所

下松商工会議所(山口県)が特産品の養殖魚「笠戸ひらめ」を活用して商品開発した缶詰の炊き込みご飯の素「笠戸ひらめパエリアの素」が、6月に市のふ...

セレクト地域短信 クラダシと連携協定 無料会員限定

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所は、フードシェアリングのショッピングサイト「KURADASHI」を運営するクラダシと、食品ロス削減に向けた連携協定を4月7日に締結した...