日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 出前研究室スタート 企業と大学を仲立ち

事業の流れ

八王子商工会議所(東京都)は、工学院大学(八王子市および新宿区)との産学連携事業の一環として、同大学の先生や学生が地元中小企業に直接出向いて講義したり技術相談に応じたりする「出前研究室」を6月1日から実施している。これまでに5件の申し込みがあり、うち1件は、技術相談から共同製品開発へと発展した。

同事業は、昨年10月に同所と同大学が締結した包括連携協定に基づくもの。市内には多くの中小製造業があるが、技術的な課題解決のため大学との接点を持つ企業は少ない。また、市内には21の大学があるものの大学生の地元就職率も低いことから、商工会議所が仲立ちして企業と大学の接点をつくるのが目的だ。

今回、大学との共同製品開発へと発展したのは、農産物を練り込んだ麺の開発を目指す飲食店。専門家の意見やデータを活用し開発の方向性を見いだした。そのほか金属加工技術の改良など現在は技術相談が中心だ。同所内には技術分野のコーディネーターが常駐し、職員と共に相談内容にマッチする研究室を大学に照会し派遣する。同所は、「社員教育のため先端研究の講義をしてもらうなど人材育成面でも活用してほしい」と地元企業へ呼び掛けている。

次の記事

北海道 小樽商工会議所

小樽商工会議所(北海道)に事務局を置く「知産志食(ちさんししょく)しりべしプロジェクト」は11月30日まで、「知産志食しりべしスタンプラリー」を開催している。同イベントは後…

前の記事

秋田県 秋田商工会議所

秋田商工会議所は、秋田市内の寺町の観光振興を目的に「お寺でよる活」事業を推進、7月13日、西法寺でヨガ教室を開催した。同イベントには定員の20人が参加。専門講師の指導の…

関連記事

福島県 会津若松商工会議所

会津若松商工会議所は2020年11月27日から、金曜日に会津若松市内の女性農業者(=農業女子)の生産物を販売する「農業女子の野菜直売会」を開始した。12月までは毎週、21年1月…

福井県 敦賀商工会議所

敦賀商工会議所は、「敦賀真鯛(まだい)」の地域ブランド化を目指し、新メニューの開発に力を入れている。2020年7月には敦賀市在住の個人を対象にレシピを募集。9月に応募15作品…

富山県 黒部商工会議所

黒部商工会議所(富山県)と黒部市は、毎年盛況の商工業の祭典「くろべフェア」を今年はオンラインで開催している。コロナ禍の中でも地元企業をPRしようと同所ホームページ内に…