埼玉県 戦略会議 強い経済構築へ

新型コロナウイルス感染症の影響で深刻な打撃を受け、今後も第2波、第3波が懸念される中、社会経済活動と感染防止を両立させていくため、埼玉県では、埼玉県商工会議所連合会(会長・池田一義さいたま商工会議所会頭、日本商工会議所IoT・AI・ロボット活用専門委員会共同委員長)などがメンバーの産学官による戦略会議を設置。会合を3回開催し、このほどワーキングチームの提言を受け、強い経済の構築に向けて取り組むべき方向を決めた。労働力の流動性、販路の拡大、サプライチェーンの維持・確保、業務継続計画、デジタル化推進、の五つが柱。

中でも、デジタル化推進では、中小・小規模事業者の生産性向上に向けて、AI、IoT、ICT技術の導入・活用を支援するとともに、コロナ禍で導入が進むテレワークに欠かせない労務管理体制や共用ワークスペースの整備を進める。また、全世代を通じて人材育成を行うデジタル教育環境および企業内のデジタル化推進を継続的に行える人材支援システムを構築する。さらに、行政の申請手続きの電子化阻害要因を解消し手続きのデジタル化を図ると同時に、業務のペーパーレス化による行政のデジタル化を進める。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする