セレクト地域短信 新型コロナ感染を防ぐ 対策グッズ、一堂に

商品について説明する出展者

福井商工会議所は6日、同所ビル地下ホール前広場に「新型コロナウイルス感染防止・対策商品紹介コーナー」を開設し、福井県内の企業19社が出展して商品をPRした。この日は福井市内の繁華街の飲食店などが、新型コロナ対策に取り組むために設立した「福井飲食店衛生向上協議会」の設立総会を同地下ホールで開催。同所はこれに合わせ、感染防止対策の徹底を促す目的で同コーナーを設けた。

出品されたのは、飛沫(ひまつ)感染を防ぐための間仕切り板や、マスク、フェースガード、除菌・消臭液、体温を測定するサーマルカメラなど。3密(密閉・密集・密接)とならないよう配慮して設置された同コーナーには協議会の設立総会に参加した飲食事業者らが訪れ、各ブースでは出展者に説明を求めたり商談したりする姿が見られた。同所は「感染に対する緊張感が依然としてある。フェースガードや飛沫防止のアクリル板などが注目された」と話している。

これに先立ち、同所は6月29日にテークアウトやデリバリー事業に新たに参入した事業者を対象とした「食中毒対策セミナー」を開催。新型コロナ対策と合わせて、飲食事業者が安全に営業できるよう支援に注力している。

次の記事

セレクト地域短信 湯本のまちを自由に散策 歩いた分だけ景品獲得

福島県 いわき商工会議所常磐支所

いわき商工会議所常磐支所(福島県)の連携団体である、まちづくり団体・じょうばん街工房21は、30日までの毎週火・木・土・日曜日に「いわき湯本温...

前の記事

セレクト地域短信 「安心なまち」アピール 市内の経済4団体が推進

熊本県 八代商工会議所

八代商工会議所(熊本県)は八代市商工会、八代経済開発同友会、八代青年会議所などと連携し、6月22日、「安心なまちやつしろプロジェクト」を立ち...

関連記事

セレクト地域短信 三井住友海上と連携協定 企業の育成・振興図る

三重県 亀山商工会議所

亀山商工会議所(三重県)は、会員企業の育成・振興による経営支援で地域経済活性化につなげるため、三井住友海上火災保険と包括連携協定を6月21日に...

セレクト地域短信 抗原検査センター設置 無料、予約不要で簡単に

大分県 宇佐商工会議所

宇佐商工会議所(大分県)は、宇佐市と共同で市内に無料で新型コロナウイルス感染症の抗原検査を行う「うさ抗原検査センター」を5月16日から6月30...

セレクト地域短信 地元食材、パエリアで提供 ふるさと納税返礼品に活用

山口県 下松商工会議所

下松商工会議所(山口県)が特産品の養殖魚「笠戸ひらめ」を活用して商品開発した缶詰の炊き込みご飯の素「笠戸ひらめパエリアの素」が、6月に市のふ...