日商 Assist Biz

更新

簿記普及セミナー開催 竹中平蔵氏 検定試験活用を

簿記の重要性を語る竹中氏

日本商工会議所は2月27日、「簿記普及啓発セミナー 社会人の必修科目 簿記講演会」を川崎市内で開催した。同セミナーは、簿記の有用性・重要性を多くの人に理解してもらうことを目的に川崎商工会議所(神奈川県)と共催で実施した。企業経営者や教育関係者など約220人が参加した。 川崎商工会議所の山田長満会頭は冒頭のあいさつで、「簿記は社会人の必修科目で、経理・会計担当者だけではなく、企業や業界を問わず働く全ての人に必要な知識。精通することで企業を発展させることができる」と簿記の重要性を強調した。

引き続き、東洋大学教授・慶應義塾大学名誉教授の竹中平蔵氏が「簿記がわかれば経済がわかる」と題して基調講演を行った。竹中氏は、「複式簿記のダブルエントリーの考え方が大切だ。これからの教育では、知識を覚えることではなく、物事を結果と原因、プラスとマイナスの両面から見るような考え方を身に付けることが重要」と述べた。また、「簿記は英語に勝る世界共通の言語である。これからのグローバルな社会で生きていくため、若い人は英語と共に必ず簿記を勉強してほしい」と強調するとともに、「簿記を学ぶには、検定試験というよくできた学習制度を活用すべき」とコメントした。

続いて、公認会計士、税理士、証券アナリストとして活動しながらお笑い芸人としても活躍し、NHK高校講座簿記インストラクターも務める渡部崇文氏が「笑って楽しく簿記を学ぼう」をテーマに講演した。渡部氏は、貸借対照表や損益計算書の読み方について身近な企業の財務状況を例に比較しながら、ユーモアも交え分かりやすく解説した。

日本商工会議所では、今回のセミナーの他にも、各地商工会議所と連携して簿記学習を啓発する各種セミナーを実施している。