日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 ご当地グルメ新発売 カレー味のナンサンド

新しいご当地グルメ「はにぽんそーナンカレー」

本庄商工会議所(埼玉県)は、ご当地グルメ「はにぽんそーナンカレー」を開発し、2月1日から本庄市内で販売を開始した。同所の「はにぽんカレーソース研究会」が企画開発した同商品は、同市の「美人ネギ」やタンドリーチキン風味の唐揚げなど6種類の具材とカレーをナンで挟み込んだもので、地元企業である高橋ソースのウスターソースが隠し味としておいしさを引き立たせている。本庄ブランドとしての定着を目指す。

同商品の開発は、ゆるキャラグランプリ2016で同市のキャラクター「はにぽん」が準グランプリを獲得したことをきっかけとして始まった。はにぽんと関連付けた商品を販売することで、同市を全国にPRすることが目的。また、農商工連携事業として、地元の農産物を商品に使用し、異業種間の連携を深めることも目指す。

商品開発に当たり、はにぽんカレーソース研究会の委員として地元企業の経営者など16人が就任。昨年2月に商品開発を始め、試食会などを経て商品化にこぎつけた。テストマーケティングの一環として今年1月に同所の賀詞交歓会で提供したところ、用意された200食がすぐになくなるほど好評だったという。

同商品は、老若男女に好まれる食材であるカレーを使用。また、ナンを使うことで、家庭ではつくれない特別感を演出した。商品名の「そーナン」は、本庄弁の「そーなん」(そうなのか、の意味)に由来している。現在は同市の「バタチキ本庄店」で提供されており、1個390円(税込)。テイクアウトも可能だ。

同市のキャラクターであるはにぽんは、市内の遺跡から発掘された「笑うハニワ」がモチーフ。同キャラクターのプロフィールでは、食べ歩きが趣味で、好きなものはカレー、本庄弁が得意となっており、同商品の特徴とリンクしている。

次の記事

北海道 砂川商工会議所

砂川商工会議所(北海道)が事務局を務める砂川冬のフェスティバル実行委員会は1月20日、「砂川冬のフェスティバル」を開催した。今回で31回を数える同イベントは、子ども向けの…

前の記事

福島県 相馬商工会議所

相馬商工会議所(福島県)は、クーポンを持参すると参加店で割引やプレゼントなどの特典が受けられる「第7回とくうまクーポン」事業を実施している。同事業には市内の飲食店から…

関連記事

大分県 臼杵商工会議所青年部会

臼杵商工会議所青年部会(大分県、臼杵YEG)と臼杵青年会議所は、毎年7月に行われる「臼杵祇園まつり」が今年、新型コロナウイルスの流行により見送られたことから疫病退散を願う…

山口県 小野田商工会議所

小野田商工会議所(山口県)と山陽小野田市、山口フィナンシャルグループの3者は7月28日に合同記者会見を開き、同所が事務所を置く市商工センターの再整備に官民連携事業の手法の…

福岡県 直方商工会議所

直方商工会議所(福岡県)は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている同所会員が安心して経済活動に取り組めるよう、フェリカポケットマーケティング社(東京・港)が持つ地域…