セレクト地域短信 事業者の資金調達支援 小口投資のファンド設立

採択通知授与式に臨む豊中商工会議所の水上英雄会頭(前列中央)ら

豊中商工会議所(大阪府)に事務局を置く豊能地域応援ファンド事業実行委員会は、9月に「豊能地域応援ファンド事業」の対象事業者を採択の上、今月から順次、各採択事業者のファンドを立ち上げる。同事業は、クラウドファンディングなどの手法を用いた小口投資である「ふるさと投資」を活用し、事業者のファンド設立を支援することで、地域の中小企業の資金調達などを後押しする。採択された事業者には、ファンド設立の初期費用などが提供される。

「ふるさと投資」とは、事業者がインターネットを介して個人から少額の資金を調達し、資金提供をした個人に対して自社商品などを提供するとともに、事業に利益が生じた場合には資金提供者に対して分配金も支払う制度。株式投資とふるさと納税の特徴を併せ持ち、地方創生を促進する制度として注目されている。

同委員会は、ふるさと投資の仕組みを活用することで、事業者の資金調達を支援するとともに、地域の中小企業の取り組みを全国に発信し事業者の「ファン」を創出する。ふるさと投資を活用すると、個人事業主など非上場企業でも広く一般から資金調達が可能だ。地域の小規模事業者に対して「応援」の意味を込めて小口投資を行うといった動きも広がっているという。

同委員会は、事務局を務める豊中商工会議所をはじめ、池田商工会議所、箕面商工会議所、豊能町商工会、能勢町商工会、池田泉州銀行、北おおさか信用金庫で構成される。今回は、5社がふるさと投資を活用した支援対象として採択された。採択の基準は、豊能地域に事業所を有する中小企業の事業であること、地域資源を活用した商品・サービスを提供する事業であること、商品・サービスに対するこだわりが全国各地の人から共感を得られる事業であることなど。同委員会は、採択を受けた事業者に対し、ファンド設立の初期費用などを提供するとともに、事業計画に関する助言など経営支援を行う。豊中商工会議所は、「中小・小規模事業者のファンづくりと資金調達の手段として、投資型ファンドの活用を広めたい」と話している。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 店舗とまちの情報誌創刊 お得な109店掲載

徳島県 阿南商工会議所

阿南商工会議所(徳島県)は10月9日、阿南市内の109店舗を掲載した初の店舗情報誌「お得店舗街ガイド・ぶらり♪あなん」秋冬号を発行した。同誌は市...

前の記事

セレクト地域短信 推奨地元産品を認定 ブランド化でイメージ向上

千葉県 銚子商工会議所

銚子商工会議所(千葉県)は11月14日、「銚子推奨認定品」の発表会を行った。同認定品は、地域資源を活用した独自性や品質の高い産品を同所が認定...

関連記事

セレクト地域短信 初日の出・初詣列車運行 海浜鉄道でお年玉配布

茨城県 ひたちなか商工会議所

ひたちなか商工会議所(茨城県)に事務局を置く「おらが湊鐵道応援団」とひたちなか海浜鉄道は1月1日、沿線スポットで初日の出や初詣を楽しめる列...

セレクト地域短信 職員24人が和装で勤務 「きものの日」をPR

京都府 京都商工会議所

京都商工会議所は昨年11月15日、「きものの日」に職員有志がきものを着て勤務し、きものの魅力をアピールした。きものの日は、京都市内に事務局を...

セレクト地域短信 ドラマ「倉吉八犬伝」公開 アニメキャラと観光地巡る

鳥取県 倉吉商工会議所

倉吉商工会議所(鳥取県)、倉吉市、一般社団法人倉吉観光MICE協会などはこのほど、オンライン上で倉吉のまちを巡る動画「倉吉八犬伝」を公開した...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする