日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 甲州織の座布団

田辺織物 (山梨県富士吉田市)

ヨコ糸に金糸を織り込んだ伝統的な金襴(きんらん)の座布団(左)と、干支(えと)の「戌(いぬ)」をモチーフにしたモダンな座布団(右) 撮影:加藤正博

今月は、山梨県の郡内地方で織られていた甲斐絹(かいき)をルーツとする甲州織をモダンにアレンジした座布団をご紹介します。

甲斐絹は、独特の光沢と軽さが特徴の、主に羽織の裏地として使用されていた高級絹織物です。しかし、化学繊維の出現などにより、甲斐絹の生産記録は統計上1943年を最後に途絶えました。一方で、織りの技術は産地に受け継がれ、現在では“甲州織”として生産されています。

創業1946年の老舗座布団生地メーカー・田辺織物は、複雑な柄を、ジャガード織りの手法を使い立体感を出して表現。心地よい手触りを感じられる座布団生地へと仕上げています。座布団も生活スタイルの変化の中で需要が減りつつありますが、座れば癒やされるような新たな価値を生み出していきたいと、古典的な柄からフローリングにも合うモダンな柄までさまざまなスタイルを提案。その高い技術とデザイン力が認められ、ふるさと納税の返礼品にも選ばれています。

次の記事

伝えていきたい日本の技 和泉櫛

西川木櫛製作所

今月は、日本最古の櫛(くし)産地と言われる貝塚市の、伝統的な木櫛をご紹介します。6世紀後半ごろに貝塚市二色の浜に流れ着いた異邦人から櫛の製法...

前の記事

伝えていきたい日本の技 伊予絣

白方興業

今月は、久留米絣(がすり)、備後絣と並んで“日本三大絣”の一つに数えられている、松山の伊予絣をご紹介します。伊予絣は200年ほど前の享和年間、現...

関連記事

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...

伝えていきたい日本の技 臼杵焼の器

USUKIYAKI研究所

約200年前に途絶えた幻の焼き物を現代によみがえらせた臼杵(うすき)焼をご紹介します。臼杵では、臼杵藩の御用窯が江戸時代後期に開かれ、臼杵焼が...

伝えていきたい日本の技 旅行用トランク「タイムボイジャー トロリー」

安達紙器工業

今月は、レトロなデザインが目を引く、バルカナイズド・ファイバー製のトランクをご紹介します。バルカナイズド・ファイバーとは紙の一種で、木材...