日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 和泉櫛

西川木櫛製作所 (大阪府貝塚市)

木櫛は、使い込むほどにつやが増していきます。右側の3点は「堅櫛(かたぐし)」といい、主に日本髪を結うときに使います 撮影:加藤正博

今月は、日本最古の櫛(くし)産地と言われる貝塚市の、伝統的な木櫛をご紹介します。

6世紀後半ごろに貝塚市二色の浜に流れ着いた異邦人から櫛の製法を伝授され、以来、櫛の生産地となったと言い伝えがあります。江戸中期には500人以上の職人がいたとされ、宮中にも納められた記録が残っています。戦後、セルロイド製などの安価な櫛に押されて職人は大幅に減少していきました。しかし、その質の高さや美しさから1987年には大阪府伝統工芸品に“和泉櫛”として指定され、現在でも木櫛の生産量は全国一を誇っています。

西川木櫛製作所では、国産のツゲを1年以上寝かせてしっかりと乾燥させ、木型を用いてつくった歯の一枚一枚を手作業でていねいにやすりがけをして仕上げています。歯先は地肌を傷めることのないようなめらかに丸められています。また静電気も起こりにくいため、髪に優しい櫛として根強い人気があります。

次の記事

進誠堂

今月は、国から墨として唯一伝統的工芸品に指定されている、鈴鹿市の墨をご紹介します。鈴鹿墨の発祥は奈良時代末期から平安時代初期ごろとされており、自生する肥松(こえまつ…

前の記事

田辺織物

創業1946年の老舗座布団生地メーカー・田辺織物は、複雑な柄を、ジャガード織りの手法を使い立体感を出して表現。心地よい手触りを感じられる座布団生地へと仕上げています。座…

関連記事

及源鋳造

今月は、岩手県の伝統工芸品である南部鉄器の新たな姿を見せるブランド、Palma(パルマ)をご紹介します。南部鉄器には二つのルーツがあり、奥州市水沢地区と盛岡市を中心に鋳物…

清原織物

今月は、伝統的な綴織(つづれおり)の技術を生かして「祝いの品々」を展開するブランド、「sufuto(すふと)」をご紹介します。綴織は世界各地で古くから見られ、4000年以上の歴史…

大寺幸八郎商店

今月は、高岡市の伝統工芸である高岡銅器の技術を生かした、小さな干支(えと)の置物をご紹介します。加賀藩の二代目藩主・前田利長は地場産業を育てるため7人の鋳造師を当地に…