日商 Assist Biz

更新

伝えていきたい日本の技 鈴鹿墨

進誠堂 (三重県鈴鹿市)

濃くすると黒色、水で希釈するとそれぞれの色が表れる色墨。色からイメージした文字と絵が墨の表と裏に刻まれている 撮影:加藤正博

今月は、国から墨として唯一伝統的工芸品に指定されている、鈴鹿市の墨をご紹介します。

鈴鹿墨の発祥は奈良時代末期から平安時代初期ごろとされており、自生する肥松(こえまつ・樹脂を多く含む松)を燃やしてとれた煤(すす)が原料となっています。この地は水質が弱アルカリ性であったため、原材料の一つであるニカワの凝固力と粘りを製墨に最適の状態にできたことなど地理的な諸条件に恵まれ、上質な墨が生産されてきました。発色の美しさや上品さから、諸大名の家紋を書くための墨として用いられていたといいます。

現在では、鈴鹿墨をつくっているのは創業70年の進誠堂のみとなりました。だからこそ、墨の良さを広めようと、墨染めによる革製品や墨の香りの線香などを開発し、多くのバリエーションを生み出しています。中でも墨業界で初めて考案されたという色墨は、濃度の調整や色の混ぜ合わせにより、多彩な表現を可能にしたことで知られています。

次の記事

山形工房

今月は、誰もが知る日本の伝統玩具・けん玉をご紹介します。意外なことにけん玉のルーツは16世紀のフランスにあるといわれ、日本へは江戸末期に伝えられました。シンプルなつく…

前の記事

西川木櫛製作所

今月は、日本最古の櫛(くし)産地と言われる貝塚市の、伝統的な木櫛をご紹介します。6世紀後半ごろに貝塚市二色の浜に流れ着いた異邦人から櫛の製法を伝授され、以来、櫛の生産…

関連記事

大寺幸八郎商店

今月は、高岡市の伝統工芸である高岡銅器の技術を生かした、小さな干支(えと)の置物をご紹介します。加賀藩の二代目藩主・前田利長は地場産業を育てるため7人の鋳造師を当地に…

大橋量器

今月は、ポップなペイントを施すことで木枡の新たな可能性を提案するカラー枡(ます)をご紹介します。大垣市の枡産業は、明治時代の中ごろに枡づくりの職人が技術を持ち込んだこ…

露木木工所

今月は、多様な天然木のぬくもりを身近に楽しむことのできる箱根寄木(よせぎ)細工の「合子(ごうす)」をご紹介します。箱根の山々は樹種が多く、平安時代から木工芸が発達した地…