伝えていきたい日本の技 けん玉

山形工房(山形県山形市)

けん玉には3万を超える技があるといい、海外のストリート文化にも飛び火するなど、新たな注目を集めています(撮影:加藤正博)

今月は、誰もが知る日本の伝統玩具・けん玉をご紹介します。

意外なことにけん玉のルーツは16世紀のフランスにあるといわれ、日本へは江戸末期に伝えられました。シンプルなつくりと工夫次第でさまざまな技を編み出すことのできる楽しさから、明治以降には幾度も流行を繰り返し、近年では昭和52年に大流行しました。これは、50年に発足した日本けん玉協会により、競技用けん玉の制定やルールの統一が成されたことが要因といわれています。

競技用のけん玉は寸法が細かく規定されているほか、一万回の打撃にも耐え得る塗装強度が必要とされます。競技用けん玉の老舗である山形工房では、削りだした玉や持ち手を職人の手作業で磨き、精度が高く美しいけん玉をつくりあげ、競技者のニーズに応えます。その一方で、指先や脳、身体全体を使うけん玉の健康に及ぼす効果にも着目し、皿が大きく軽い高齢者向けのけん玉を開発するなど、その可能性を広げています。

※月刊石垣2018年1月号に掲載された記事です。

次の記事

伝えていきたい日本の技 組子

タニハタ

今月は、幾何学模様が美しい伝統工芸『組子』をご紹介します。小さく切り出した木片を釘(くぎ)を使わず組み付けていく組子細工は、飛鳥時代に建て...

前の記事

伝えていきたい日本の技 鈴鹿墨

進誠堂

今月は、国から墨として唯一伝統的工芸品に指定されている、鈴鹿市の墨をご紹介します。鈴鹿墨の発祥は奈良時代末期から平安時代初期ごろとされて...

関連記事

伝えていきたい日本の技 アイスエナジー 無料会員限定

アトム技研

今月は、機能性が高くファッショナブルな保冷剤として注目される、アイスエナジーをご紹介します。熱中症が世界中で問題となっている昨今、衛生的...

伝えていきたい日本の技 籠染灯籠

ハナブサデザイン

今月は、越谷市に伝わる藍染め技法の一つである籠染めの「型」を用いた灯籠をご紹介します。籠染めとは、筒状にした2本の真鍮(しんちゅう)製の型の...

伝えていきたい日本の技 廣島漆器『coro』

高山清

広島県の伝統工芸品である広島仏壇の技術に端を発する「廣島漆器」の酒器をご紹介します。廣島漆器は、広島仏壇の制作や修繕を行う漆塗り職人であ...