日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 図でみる観光

図でみる観光

須田寬 著

〝新しい観光〟として「産業観光」「街道観光」「都市観光」を提唱する著者は、日本人が持っている「観光」に対するイメージ、「観光=遊び」という概念を変えるために、観光に関する著作を数多く著してきた。しかしながら、観光はただの遊びではなく、文化・経済行動であることはなかなか理解してもらえていない。

日本の観光の直接経済効果は総額26・7兆円(2017年)にも及び、波及効果まで含めると年間約50兆円と推計されている。この額は日本の自動車産業全部の生産高とほぼ同じである。このことを理解してもらうため、今回の著書は図を多用した。まずは図を「みる」、そして次に文章を「読む」。分かりやすく理解を深められる一冊となっている。

(四六判/184頁/1500円(税抜き)/交通新聞社)

次の記事

小林直人

相続人を確定させるために必要な戸籍の仕組み・基礎知識から取り寄せ方、読み方までを分かりやすく解説したロングセラーが、法定相続情報証明制度などの最新情報を織り込んでさ…

前の記事

金津健治

「目標による管理」(目標管理)は、今日ではどこの企業でも人事評価制度や経営管理の仕組みとして欠かせないものとなっているにもかかわらず、多くの職場ではいまだに試行錯誤が…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…