日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 地域資源を最大限活用しまちの魅力を売り込む

関東ブロック代表理事 小河 静雄(藤沢YEG・神奈川県)

昨年10月に開催しました「関東ブロック大会かながわ藤沢大会」には、全国各地より多数のご参加を賜り、盛況のうちに終了することができました。これもひとえに皆さまのご支援の賜物と深く感謝申しあげます。

現在、全国各地域において地域活性化に向けたさまざまな取り組みが行われていますが、中でも地域資源や地域の魅力を最大限に活用し、知名度や好感度を売り込む「シティープロモーション」が注目されています。同ブロック大会においてもこのような視点に着目し、神奈川県や藤沢市が持つまちの魅力を最大限に生かした大会づくりを目指し、企画・運営を進めました。

藤沢市は、古くは時宗総本山遊行寺の門前町として、また東海道五十三次の宿場町のひとつとして発展し、現在は、湘南の中核都市として、住・商・工・観光・農業、そして多数の大学が立地する、温暖でバランスの取れた市街地を形成しています。特に風光明媚な「湘南海岸」や「江の島」を擁し、さらには日本有数の近代的な大型研究所や商業施設を有するなど、先進都市として発展を続けています。同ブロック大会では、このような藤沢市が持つ豊富な地域資源を存分に活用することにより、藤沢市の知名度や好感度を広く内外に売り込むことができたと思います。

今後もYEGに課せられた地域貢献という大きな使命と真摯に向き合い、全国の仲間とともに情熱と志を持って、魅力ある地域づくりに微力ながら尽力してまいりたいと思います。

次の記事

京都府 福知山YEG

福知山商工会議所青年部は毎年、「北近畿の都福知山産業フェア」の中で、子どもたちがさまざまな職業を体験する「ふくザニア」を開催している。今年度は、同YEGのメンバー企業…

前の記事

日本YEG

日本YEGは1月10日、「震災復興フォーラム・故郷の新しい風会議in水戸」を開催した。同事業は、東日本大震災で県北部や沿岸部が被災した茨城県において、いまだに払拭されていな…

関連記事

岩手県 奥州商工会議所青年部

奥州商工会議所(2市2町1村の市町村合併)の設立に伴い、2つのYEGと1商工会が合併し、121人のメンバーでスタートしました。昨年10周年を迎え、本年度は11期目を迎えています。…

日本YEG

新型コロナウイルスの感染拡大が、青年部活動に大きな影響を及ぼしている。こうした状況下での各地単会の取り組みや、これからのYEG活動の在り方や問題、悩みなどを日本YEGが収…

日本YEG

日本YEGが綱領に掲げる「国際人としての教養を高める」ことを目的に、国際社会の共通ルールとマナー、世界を魅了する日本文化の魅力を学ぶ講座を開催した。海外でビジネス交流…