日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 「うまいもん」で地域活性化 グルメの地・八尾を目指す

グランプリ店舗内には、王者のタペストリーを掲げてもらう

八尾商工会議所青年部は9月9日、「八尾河内音頭まつり」で実施されるイベントのひとつとして、「八尾うまいもんグランプリ」を開催した。今回で2回目となる同グランプリは、八尾市内の味自慢の5店舗が自慢のメニューを競い合うもので、100人の審査員の投票により、その年のグランプリ王者メニューを決定するというもの。今回の審査員チケットは1枚500円で販売したところ、販売開始から約3分で完売となる大盛況となった。

大激戦の末、今年のグランプリには酒惣菜味楽の「冷製茶碗蒸し」が選ばれ、グランプリ王者のタペストリーが贈呈された。同店にはこのメニューを1年間販売してもらい、活性化のきっかけとして活用してもらう。

この事業は、同地域の飲食業の活性化や、さまざまな関係者とのふれあいを通じ、地域とのつながりを創出し、同YEGを周知してもらうことを目的に始めたもの。同YEGは、「グルメの地、八尾を構築し、多くの人でにぎわうまちづくりを目指しながら、地域との交流を深めていきたい」と話している

次の記事

神奈川県 茅ヶ崎YEG

茅ヶ崎商工会議所青年部が中心となった働き掛けにより、10月1日から、JR茅ヶ崎駅東海道線ホームの発車メロディー(駅メロ)が、サザンオールスターズの楽曲『希望の轍』となっ…

前の記事

奈良県 大和高田YEG

大和高田商工会議所青年部は11月8、9日の2日間、同所主催の「くらし産業メッセ」のイベントの中で、前年に引き続き、小学生を対象としたプロの指導による職業体験「タカザニア…

関連記事

岩手県 奥州商工会議所青年部

奥州商工会議所(2市2町1村の市町村合併)の設立に伴い、2つのYEGと1商工会が合併し、121人のメンバーでスタートしました。昨年10周年を迎え、本年度は11期目を迎えています。…

日本YEG

新型コロナウイルスの感染拡大が、青年部活動に大きな影響を及ぼしている。こうした状況下での各地単会の取り組みや、これからのYEG活動の在り方や問題、悩みなどを日本YEGが収…

日本YEG

日本YEGが綱領に掲げる「国際人としての教養を高める」ことを目的に、国際社会の共通ルールとマナー、世界を魅了する日本文化の魅力を学ぶ講座を開催した。海外でビジネス交流…