日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 1万人超の署名活動でサザンの駅メロが実現

楽曲の使用を記念して駅には横断幕が飾られた

茅ヶ崎商工会議所青年部が中心となった働き掛けにより、10月1日から、JR茅ヶ崎駅東海道線ホームの発車メロディー(駅メロ)が、サザンオールスターズの楽曲『希望の轍』となった。同グループのボーカル・桑田佳祐さんが茅ヶ崎市の出身であることから、同YEGが発案。「駅メロに使用することで、多くの人に茅ヶ崎を知ってもらいたい。茅ヶ崎というまちに、もっと愛着を持ってもらいたい」という熱い思いが、JR東日本を動かした。

同YEGは駅メロの変更を要請するに当たり、同駅を中心に署名活動などを実施。各方面からの協力も得て、わずか半年で1万人を超える署名を集めた。

予想以上の反響に市民の地元愛を実感した同YEGの原和則会長は、「多くの人に活動を支えていただいた。サザンオールスターズの曲が駅メロになることを多くの方が望んでいることが分かり、本当にうれしかった。茅ヶ崎に愛着を持ってもらえたら、きっと、まちの活性化につながる」と振り返った。

次の記事

岩手県 北上YEG

北上商工会議所青年部は平成13年度から、遊鬼まつり「鬼の訪問」として、地域の児童施設などに「鬼」の装いで訪れている。同事業は、岩手県北上市において、国の重要無形民俗文…

前の記事

大阪府 八尾YEG

八尾商工会議所青年部は9月9日、「八尾河内音頭まつり」で実施されるイベントのひとつとして、「八尾うまいもんグランプリ」を開催した。今回で2回目となる同グランプリは、八…

関連記事

岩手県 奥州商工会議所青年部

奥州商工会議所(2市2町1村の市町村合併)の設立に伴い、2つのYEGと1商工会が合併し、121人のメンバーでスタートしました。昨年10周年を迎え、本年度は11期目を迎えています。…

日本YEG

新型コロナウイルスの感染拡大が、青年部活動に大きな影響を及ぼしている。こうした状況下での各地単会の取り組みや、これからのYEG活動の在り方や問題、悩みなどを日本YEGが収…

日本YEG

日本YEGが綱領に掲げる「国際人としての教養を高める」ことを目的に、国際社会の共通ルールとマナー、世界を魅了する日本文化の魅力を学ぶ講座を開催した。海外でビジネス交流…