YEG(青年部)フラッシュ 節分に児童施設訪問

楽しく優しい鬼と遊ぶ園児たち

園児に「鬼」を伝承

北上商工会議所青年部は平成13年度から、遊鬼まつり「鬼の訪問」として、地域の児童施設などに「鬼」の装いで訪れている。同事業は、岩手県北上市において、国の重要無形民俗文化財に指定されている民俗芸能「鬼剣舞」の保存、伝承の一助にと行っているもの。同市では、市民憲章に「鬼すむ誇り」という一節があるほど、子どものころから「鬼」は親しみや愛着、そして誇りを抱く存在となっている。

その「鬼すむまち・北上」の歴史を伝承しようと、節分の日に合わせて子どもたちと楽しく遊び、もっと「鬼」を身近に感じてもらえるように、鬼に扮したYEGメンバーが児童施設を訪問。「北上に住んでいる鬼たちは、素敵で優しい鬼」「本当に怖い鬼は自分の心の中にいる悪い鬼」ということを分かりやすく伝えている。

今年で15年目に突入する同事業は、昨年までに98施設、8847人の園児、385匹の鬼が参加し、各施設で喜ばれている。同YEGは、「今後も長く続けていけるようにしたい」と話している。

次の記事

YEG(青年部)フラッシュ ラインダンスでギネス認定 4395人で記録更新

兵庫県 宝塚YEG

宝塚商工会議所青年部などは11月1日、宝塚大劇場前の武庫川河川敷で、直線に並んだラインダンスのギネス記録に挑戦するイベントを開催した。当日は...

前の記事

YEG(青年部)フラッシュ 1万人超の署名活動でサザンの駅メロが実現

神奈川県 茅ヶ崎YEG

茅ヶ崎商工会議所青年部が中心となった働き掛けにより、10月1日から、JR茅ヶ崎駅東海道線ホームの発車メロディー(駅メロ)が、サザンオールスター...

関連記事

YEG(青年部)フラッシュ YEG活動・展開とその未来 無料会員限定

日本YEG/福井県 鯖江YEG/福島県 郡山YEG

日本YEG執行部に聞く「YEG活動・展開とその未来」。5月号では、西村昭宏筆頭副会長と佐藤大輔専務理事の登場です。2021年3月5・6日に開催した「し...

YEG(青年部)フラッシュ 2021年度日本YEGスローガン FOR ALL YEG ~成長への貢献、地域と共に、ワクワクする未来を~

日本商工会議所青年部/静岡県 沼津商工会議所青年部

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)は、世界中にさまざまな影響をおよぼしました。日本でも2020年3月以降、外出自粛要請や緊急事態宣...

YEG(青年部)フラッシュ 事業報告 「翔生塾 YEGym(ワイイージム) ~5つのYEG筋力増強計画~」 2月11日 配信会場:神奈川県相模原市

日本YEG

日本YEGは、YEG活動のみならず自企業として有用になり得るさまざまなテーマについて学ぶ翔生塾を毎年開催している。多種多様な情報を地域に持ち帰...