日商 Assist Biz

更新

関係機関の連携強化で合意(国連生物多様性の10年日本委員会)

「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB―J)」は10日、第4回会合を開催し、今年度の行動計画を決定した。2011年から2020年までの10年間は、国連の定めた「国連生物多様性の10年」。国内では、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で採択された「愛知目標」の達成を目指し、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促進するため同委員会を中心に活動を行っている。今回の会合には、石原伸晃環境大臣はじめ、関係省庁、有識者・文化人、日本商工会議所などの関係団体が出席。生物多様性に資する活動の拡大に向け、関係機関で連携を強化していくことなどについて合意した。