日商 Assist Biz

更新

日商調べ 改正個人情報保護法 「準備できていない」49%

改正個人情報保護法への対応状況(全産業)

日本商工会議所はこのほど、5月30日に全面施行される改正個人情報保護法への対応状況に関する調査結果を発表した。「対応中」と回答した企業は、34・1%。一方、「具体的に何をすべきか分からず準備できていない」は、49・0%とほぼ半数に上った。「対応する内容は分かっているが未着手」は16・9%だった。

対応についての課題は、「改正法の内容把握」が56・9%と最も多く、次いで「個人情報の取得・利用・保管などにおける社内ルールの整備」が47・9%となった。

ヒアリングした企業からは、「既に社内ルールの整備やセキュリティー対策などの準備を進めており、従業員への周知も含めて社内体制を整えている」(ゴム製品製造)、「改正法の内容を把握していないため、準備が進まない。まずは、現在使用する個人情報使用承諾書が改正法に対応しているのか確認したい」(介護サービス)といった声が聞かれた。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン