日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 M&Aの「新」潮流/IGPI流ローカル企業復活のリアル・ノウハウ

M&Aの「新」潮流

山本貴之 著

本書は日本政策投資銀行M&Aアドバイザリーチームが総力をあげて、業界再編の重要な選択肢である日本のM&Aの最新トレンドを大胆に分析。実務知識とともに分かりやすく解説している。

(新書判/267頁/税込み972円/エネルギーフォーラム)

IGPI流ローカル企業復活のリアル・ノウハウ

冨山和彦・営共創基盤 著

本書は日本経済復活の鍵を握るローカル経済・企業を活性化するための実践論を提示。業種ごとの事業の方向性を示し、ローカル経済圏を再生させるノウハウを公開している。

(新書判/282頁/税込み961円/PHP研究所)

次の記事

おすすめ書籍 実践 貿易実務(第12版)/「不思議な会社」に不思議なんてない

石川雅啓/荒木恭司

実践 貿易実務(第12版) 石川雅啓著 本書は貿易や国際取引に携わる人たちの必携の書として、28年の長きにわたって発行を続けているロングセラー...

前の記事

おすすめ書籍 実践!下請法 全国中小企業/ぷしゅよなよなエールがお世話になります

全国中小企業取引振興協会/井手直行

実践!下請法 全国中小企業 取引振興協会著 本書は、下請法のポイントについてQ&Aなどを用い分りやすく解説。経営者層や管理職、実務担当者...

関連記事

おすすめ書籍 渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語/ジェトロ貿易ハンドブック2021

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する...

おすすめ書籍 新型コロナとまちづくり

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが...

おすすめ書籍 渋沢栄一伝―道理に欠けず、正義に外れず―/地域金融の未来―金融機関・経営者・認定支援機関による価値共創―

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーと...