おすすめ書籍 VW不正と中国・ドイツ 経済同盟~世界経済の支配者か、破壊者か~/中小企業の事業承継 M&A活用の手引き

VW不正と中国・ドイツ 経済同盟~世界経済の支配者か、破壊者か~

真壁昭夫 著

経済的な蜜月関係にある中国とドイツ。一種の経済同盟になりつつある両国の巨大な経済力と世界情勢に与えるインパクトがよく分かる一冊。

(四六判/192頁/税込1404円/小学館)

中小企業の事業承継 M&A活用の手引き

藤原宏髙、幸村俊哉 編著

本書は、中小企業におけるM&Aのポイント、M&A支援者の具体的関与などについて分かりやすく解説した入門書。中小企業の円滑な事業承継に必見の一冊。

(A5判/304頁/税込2592円/経済法令研究会)

次の記事

おすすめ書籍 繁盛店が必ずやっているチラシ最強のルール

渋谷雄大

繁盛店が必ずやっているチラシ最強のルール 渋谷雄大著 本書では個人商店向けに豊富な事例でチラシ販促のノウハウを紹介。小規模店でもすぐに実...

前の記事

おすすめ書籍 里山産業論~『食の戦略』が六次産業を超える~/中小企業政策の考え方

金丸弘美/北川慎介

里山産業論~『食の戦略』が六次産業を超える~ 金丸弘美 著 本書では地域の「食」を基盤に、風景、食べ方、学校給食、消費者との接点を重視し...

関連記事

おすすめ書籍 渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語/ジェトロ貿易ハンドブック2021

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する...

おすすめ書籍 新型コロナとまちづくり

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが...

おすすめ書籍 渋沢栄一伝―道理に欠けず、正義に外れず―/地域金融の未来―金融機関・経営者・認定支援機関による価値共創―

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーと...