2019年度検定試験 最優秀者を公表

日本商工会議所は8月20日、2019年度に実施した日商簿記、リテールマーケティング(販売士)、日商PC(文書作成、データ活用)検定試験の最優秀合格者などを公表した。

それぞれの最上級試験の合格者のうち、最も優秀な成績を収めた5人および19年11月に開催した日商簿記の団体戦である「日商簿記検定全国大会」で最も優れた成績を収めた学校を決定した。例年6月に開催している表彰式は、新型コロナウイルス感染症の影響により延期となっている。

受賞者は次のとおり(カッコ内は試験回数・受験地商工会議所名)。

※敬称略・順不同

【日商簿記】

金井奎吾(第152回・高崎)、長谷川一輝(第153回・仙台)

【リテールマーケティング(販売士)】

塚田舞鈴(第85回・横浜)

【日商PC(文書作成)】

今中心悟(19年10月6日施行・大阪)

【日商PC(データ活用)】

西村学(19年10月6日施行・船橋)

【日商簿記検定全国大会】

岐阜県立岐阜商業高等学校(岐阜)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする