経産省文科省 キャリア教育表彰 日向が最優秀賞に

最優秀賞を受賞した日向商工会議所の三輪純司会頭(前列右から2人目)

経済産業省と文部科学省による第6回「キャリア教育推進連携表彰」において、最優秀賞を受賞した日向商工会議所(宮崎県)の表彰式が1月17日に行われた。表彰式は「平成28年度キャリア教育推進連携シンポジウム」の中で実施された。

同所では、「日向の大人はみな子どもたちの先生」を合言葉に、日向で働く大人たちが市内の小・中・高等学校に出向き、子どもたちに「働く喜びと苦労」について本音で語りかける「よのなか教室」を実施。学ぶ意味や将来の夢について考えさせる授業を行い、好評を博している。

「よのなか教室」の教壇に立つ「よのなか先生」の登録数は約100人。職種も看護師や栄養管理士、新聞記者、自動車販売業、建設業など多岐に渡っている。講師にも、モデル授業や交流会などの研修を行い、大人にも役に立つ事業へと成長している。

また、シンポジウムでは、経済産業省による第7回「キャリア教育アワード」において、奨励賞を受賞した東京商工会議所の表彰式も併せて実施した。同所では、中小企業の魅力発信と大学初年次からの職業観の醸成を目的に、中小企業の会社ツアーや仕事観察などを会員企業で体験するプログラムを提供。企業と学生の橋渡し役を担っている。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする