日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第57回 農林水産大臣賞

2400円(200グラム、税抜き)

日本商工会議所と全国観光土産品連盟は、1121点の土産品の中から優れた商品を「全国推奨観光土産品」として選定。特に優秀と認められ、大臣賞と日本商工会議所会頭賞に選ばれた商品を8回にわたり紹介する。

農林水産大臣賞 巻鰤

江戸時代、能登で取れる最高級の寒鰤(かんぶり)を、どうにかして加賀や京の都に運ぼうと、さまざまな試行錯誤の末に編み出されたのが「寒鰤を塩漬けし、乾燥させ、わらに包み、熟練した職人が縄で巻く」という方法。これが「巻鰤(まきぶり)」だ。

保存食ならではの塩気の中に、鰤のうま味と風味が凝縮され、かめばかむほど味が口の中に広がっていく。薄くスライスしてお酒のおつまみにしたり、軽く炙ってお茶漬けにのせたりと、特に酒好きの人にはたまらない逸品だ。

この「巻鰤」をつくる浜野水産は、能登半島最北端のまち、珠洲市を拠点とする海産物問屋。「能登の里山里海」として日本で初めて世界農業遺産に認定された自然豊かな地域ならではの産物を昔ながらの方法で加工した伝統食材は、多くの人に伝えたい味で、土産品としても好適として審査員からも高評価を得た。

次の記事

観光土産品審査会 第57回 経済産業大臣賞

播州織ハンカチのし袋

兵庫県西脇市にある播州織製品を生産している「小林商事 織衣羽(おりーぶ)」。今回の受賞商品である「播州織ハンカチのし袋」は、播州織のハン...

前の記事

観光土産品審査会 第57回 厚生労働大臣賞

千葉めぐり

千葉県にある老舗和菓子店「なごみの米屋」。収穫量日本一の落花生をかたどった最中と饅頭、2種の詰め合わせ「千葉めぐり」。成田国際空港も近いこ...

関連記事

観光土産品審査会 第61回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(民工芸部門)

越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット

鮮やかな色を施した越前焼の盃(さかずき)に組子調のコースターを組み合わせ、越前和紙でパッケージした「越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット...

観光土産品審査会 第61回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

canささ 笹かまアヒージョ

笹かまぼこを香り豊かなアヒージョに仕立てた缶詰「canささ 笹かまアヒージョ」。宮城県塩竈で80余年、笹かまぼこをつくり続ける「武田の笹かまぼ...

観光土産品審査会 第61回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(菓子部門)

山陰の味 大風呂敷

日本商工会議所会頭賞(菓子部門)に選ばれたのは、鳥取銘菓「山陰の味 大風呂敷」。良質な餅米を使った柔らかいきな粉餅に、鳥取県の特産品である...