日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 日本の観光 きのう・いま・あす/まちゼミ さあ、商いを楽しもう!

日本の観光 きのう・いま・あす

須田寬 著

経済波及効果の大きい観光は、地域社会発展の大きな手段の一つでもあり、日本の力強い経済成長を取り戻す重要な成長分野と考えられる。本書は、「産業観光」などの新しい観光を提唱し、商工会議所などで長年、観光の仕事に携わってきた著者が、日本の観光の「きのう・いま・あす」を探る。

(新書判/262頁/税込み864円/交通新聞社)

まちゼミ さあ、商いを楽しもう!

松井洋一郎 著

「まちゼミ」は、商店街の店主が講師を務め、各店の専門知識やプロのコツを無料で提供し、まちや店へのファンづくりを通じて中心市街地・商店街の活性化を図る事業。今や全国260カ所で開催されるまでに成長した。本著は、これからまちゼミに挑戦する人のために、具体的な考え方と実施の仕方を記した一冊だ。

(四六判/304頁/税込み1728円/商業界)

次の記事

松田智生/日本貿易振興機構

日本版CCRCがわかる本 松田智生著 米国で普及しているCCRCは、政府の地方創生の主要政策として、日本版CCRC(生涯活躍のまち)構想という名の下で注目されている。本書は、CCRC…

前の記事

有馬純

精神論抜きの地球温暖化対策 パリ協定とその後 有馬純著 京都議定書の詳細ルールの策定や、ポスト2013年枠組みの交渉に参加した著者が、パリ協定の概要と課題、今後の国内対…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…