会頭会見 追加金融緩和適切ではない

日本商工会議所の三村明夫会頭は1日、定例の記者会見で、安倍晋三首相が「アベノミクスは第2ステージに移る」と述べるなど、経済を優先させる考えを示したことについて、「大いに歓迎」と評価。「潜在成長率を早く引き上げる本質的な経済対策を強く希望する」と述べ、デフレ脱却への期待を寄せた。

また、追加の金融緩和と財政出動について、「金融緩和は十分。今はむしろ借り手が少ない」と述べ、経済活性化のためにさらなる金融緩和を行うことは適切ではないとの認識を表明。経済が下降局面に入っていないことから、財政出動についても必要ないとの考えを示した。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする