おすすめ書籍 UCP600に基づく書類点検に関する国際標準銀行実務/インドネシア経済の基礎知識/イチからお金を借りるときに読む本

UCP600に基づく書類点検に関する国際標準銀行実務

UCP600に基づく書類点検に関する国際標準銀行実務

国際商業会議所日本委員会 訳

ISBP(ICC荷為替信用状に基づく書類点検に関する国際標準銀行技術実務)改定後のISBP745の英和対訳本。信用状取引の実務に携わる、銀行や商社、メーカーなどの貿易関係者にとっては必携の書だ。初心者でも分かりやすい訳文がうれしい。

(A4判/110頁/税込4000円(ICC日本委員会会員は税込1900円)/国際商業会議所日本委員会 TEL:03・3213・8585)

インドネシア経済の基礎知識

塚田学・藤江秀樹 編著

近年、輸送機器や家電などの生産基地という位置付けから、消費市場としての魅力が急速に高まっているインドネシア。短期的な懸念材料はあっても、この国の経済は中長期的には大きな成長が見込まれている。

本書では、インドネシアの政治や経済、産業・市場動向を分かりやすく解説。現地ですぐに役立つ実務知識も掲載されており、インドネシアへの進出を考えるビジネスパーソンにお薦めの手引書だ。

(A5判/242頁/税込2100円/ジェトロ TEL:03・3582・3518)

イチからお金を借りるときに読む本

匹野房子著

「融資成功率90%超」の実績を誇る税理士が、金融機関から融資を引き出す秘策を伝授する。例えば、本書では経営者の第一課題として、日商簿記検定3級の取得を挙げている。なぜなら、簿記の知識は経営における「言語」であり、それを最低限マスターすることで金融機関との交渉もスムーズになるという。

ほかにも、融資が通らない9つの理由など、ためになる情報が満載されている。

(四六判/208頁/税込1554円/クロスメディア・パブリッシング TEL:03・5413・3140)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

おすすめ書籍 よくわかる金融政策の見方・読み方

真壁昭夫

よくわかる金融政策の見方・読み方 真壁昭夫著 アベノミクスの一環として黒田日銀が展開する「異次元の金融緩和」。報道番組のコメンテーターも...

関連記事

おすすめ書籍 実践! 下請法 ~セミナー・出前講義でも使用中~ 2021年8月改訂版

全国中小企業振興機関協会

公益財団法人全国中小企業振興機関協会がセミナーや企業への出前講義で使用するテキストの改訂版。下請法などの関係法令や標準基本契約書、下請法...

おすすめ書籍 よけいなひと言を好かれるセリフに変える 働く人のための言いかえ図鑑

大野萌子

仕事の人間関係は、その「ひと言」でがらりと変わる―。2万人にコミュニケーション指導をしてきたカウンセラーの著者が、「言い方」で損をしない言...

おすすめ書籍 渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語/ジェトロ貿易ハンドブック2021

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする