日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 よくわかる金融政策の見方・読み方

よくわかる金融政策の見方・読み方

よくわかる金融政策の見方・読み方

真壁昭夫著

アベノミクスの一環として黒田日銀が展開する「異次元の金融緩和」。報道番組のコメンテーターも務める著者が、その本質に鋭く迫る。金融政策の基礎から最新動向までを分かりやすく解説するとともに、現在の政策の限界やリスクについても考察した、金融政策の格好の入門書だ。

金融市場はもちろん、実体経済全体に大きな影響を及ぼす金融政策を的確に理解しておくことは、投資にも企業経営にも欠かせない。その指南書として外せない一冊と言えよう。

(A5判/280頁/税込1890円/近代セールス社 TEL:03・3366・5701)

次の記事

長井鞠子

伝える極意 長井鞠子著 ゴルバチョフ元書記長、ミッテラン元仏大統領、ダライ・ラマ14世、S・ホーキング博士……。通訳の第一人者として、各界の要人・著名人の言葉を私たちに…

前の記事

国際商業会議所日本委員会/塚田学・藤江秀樹/匹野房子

UCP600に基づく書類点検に関する国際標準銀行実務 国際商業会議所日本委員会 訳 ISBP(ICC荷為替信用状に基づく書類点検に関する国際標準銀行技術実務)改定後のISBP745の英和…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…